法務省

文字の大きさを変更する

拡大する

標準に戻す

色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら

トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 内部部局 > 保護局 > 更生保護を支える人々 > 更生保護施設とは

更生保護施設とは

更生保護施設〜再出発を支える人たち〜

 犯罪をした人や非行のある少年の中には,頼ることのできる人がいなかったり,生活環境に恵まれなかったり,あるいは,本人に社会生活上の問題があるなどの理由で,すぐに自立更生ができない人がいます。
 更生保護施設は,こうした人たちを一定の期間保護して,その円滑な社会復帰を助け,再犯を防止するという重要な役割を担っています。
図:全国の更生保護施設の設置状況
図:全国の更生保護施設の設置状況

トピックス

更生保護施設に入所するまで

 国(保護観察所)からの委託や保護を必要としている人からの申出によって,更生保護施設での保護が始まります。
図:更生保護施設に入るまで
図:更生保護施設に入るまで

更生保護施設の役割

 更生保護施設では,入所者に宿泊場所や食事の提供をするとともに,更生を果たすために必要な指導や援助を行い,その再出発を支えています。

○生活基盤の提供
 入所者が自立の準備に専念できる生活基盤を提供します。
図:生活基盤の提供
図:生活基盤の提供

○円滑な社会復帰のための指導や援助
 日常の生活指導や入所者が地域社会の一員として円滑に社会復帰するための指導を行います。
図:円滑な社会復帰のための指導や援助
図:円滑な社会復帰のための指導や援助

○自立に向けた指導や援助
 入所者ができるだけ早く一人立ちを果たし,退所した後も自立した生活を維持していけるように必要な指導や援助を行います。

図:自立に向けた指導や援助 
図:自立に向けた指導や援助

 
○入所者の問題特性に応じた専門的な処遇
 更生保護施設に入所する人の中には,飲酒や薬物の問題を抱えていたり,対人関係をうまく築くことができなかったりするなど,社会生活上の問題を抱えている人が少なくありません。
 更生保護施設では,入所者がこうした問題を解決して,社会生活に適応するための専門的な処遇を行っています。
 
□酒害・薬害教育
 アルコールや薬物の害を学習し,これらに依存しない生活を維持していくことを目的として,医療機関や福祉機関とも協力して実施されます。
 
□SST(Social Skills Training)
 心理学の認知行動療法に基づいて対人関係場面での振る舞い方を体験的に学ぶものであり,円滑な社会復帰のために効果があると認められています。

□コラージュ療法
 芸術療法の一つであり,雑誌などから好きな写真やイラストを切り抜いて台紙に貼り付けるものです。言葉にできない感情を表現し,心理的な開放感や思考の深まりを促し,情緒の安定を図ります。
 
 この他にも,パソコン教室,ワークキャンプ,料理教室など,入所する人の問題に応じたきめ細かい処遇が実施されています。

更生保護施設で働く人たち

 更生保護施設では,熱意のある職員たちが,入所者の再出発を支えています。
 平成21年度から,高齢又は障害により自立が困難な刑務所出所者等を一時的に受け入れる施設として,指定を受けた57施設においては,福祉の専門資格等を有する専門スタッフが配置されています。
図:更生保護施設の職員
図:更生保護施設の職員

地域に開かれた更生保護施設


◎更生保護施設に対する,皆様の御理解と御協力をお願いします。
ページトップへ