本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 内部部局 > 保護局 > 第3回世界保護観察会議について

第3回世界保護観察会議について

1 開催期間・会場
  平成29年9月12日(火)~14日(木)
   於:品川プリンスホテル,グランドプリンスホテル新高輪

2 世界保護観察会議とは
  社会内処遇の分野では世界最大規模の国際会議であり,世界各国の保護観察(社会内処遇)の実務家等が,学術・実務の両面から意見交換等を行い,社会内処遇の普及・発展,国際ネットワークの拡大を期すもの。
  各国の持ち回りで2年に一度開催しており,第1回会議がロンドン(平成25年)で,第2回会議がロサンゼルス(平成27年)で行われた。

3 主催
  法務省,国連アジア極東犯罪防止研修所
  日本更生保護協会,全国保護司連盟,全国更生保護法人連盟,日本更生保護学会

4 テーマ
  “社会内処遇の発展とコミュニティの役割”

5 コンセプト
  第1回会議,第2回会議における成果を踏まえつつ,第3回会議がアジアで初の開催となることに鑑み,メインテーマとして,アジアにおける社会内処遇の注目すべき特徴の一つである「犯罪者の改善更生や社会への再統合に向けたコミュニティの積極的な参画」に焦点を当て,参加者にとって,再犯防止やデシスタンスの促進のためにコミュニティによる積極的な参画が果たす役割の重要性について考察を深める場を提供する。

6 参加予定人数
  最大500人程度(うち海外からの参加者300人程度)

7 参加登録
  第3回世界保護観察会議公式ウェブサイト にて受付中です。
  
8 その他
  詳細は,上記公式ウェブサイトをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ