フロントページ > 公表資料 > 世界のテロ等発生状況 >  世界のテロ等発生状況(アフリカ(サハラ以南))

世界のテロ等発生状況(アフリカ(サハラ以南))

2016年  1月 2月
2015年  6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 

2月

2016/2/25(木)
  • ナイジェリア北東部・アダマワ州都ヨラの警察署本部前で,何者かが仕掛けた爆弾が爆発し,少なくとも警察官4人が死亡。犯行声明は発出されていないが,実行組織と指摘されているのは,同国北東部を中心に活動し,ISILの「西アフリカ州」を自称する「ボコ・ハラム」。

2016/2/13(土)
  • ナイジェリア北東部・ボルノ州ヤクシャリ村で,武装集団が住民を襲撃し,22人が死亡。自警団関係者は,ISILの「西アフリカ州」を自称する「ボコ・ハラム」の犯行であると指摘。

2016/2/12(金)
  • ナイジェリア北東部・ボルノ州カチファ村で,武装集団が住民を襲撃し,8人が死亡。自警団関係者は,ISILの「西アフリカ州」を自称する「ボコ・ハラム」の犯行であると指摘。

2016/2/9(火)
  • ナイジェリア北東部・ボルノ州ディクワの避難民キャンプで,女2人による自爆テロが発生し,少なくとも58人が死亡。犯行声明は発出されていないが,ISILの「西アフリカ州」を自称する「ボコ・ハラム」の犯行が指摘。
 

1月

2016/1/30(土)
  • ナイジェリア北東部・ボルノ州マイドゥグリ郊外のダロリ村で,ISILの「西アフリカ州」を自称する「ボコ・ハラム」が住民を銃撃し,家屋に放火。少なくとも65人が死亡。

2016/1/28(木)
  • カメルーン北部・極北州ケラワで,女性2人による連続自爆テロが発生し,4人が死亡。標的となったのは,「ボコ・ハラム」に追われた住民が退避していた学校。犯行声明は発出されていないが,ISILの「西アフリカ州」を自称する「ボコ・ハラム」の犯行が指摘。

2016/1/27(水)
  • ナイジェリア北東部・ボルノ州チボクで,市場付近で3件の連続自爆テロが発生し,少なくとも13人が死亡,30人が負傷。犯行声明は発出されていないが,ISILの「西アフリカ州」を自称する「ボコ・ハラム」の犯行が指摘。

2016/1/25(月)
  • カメルーン北部・極北州ボド村の中央市場及び軍基地近くの橋で,4件の連続自爆テロが発生し,少なくとも35人が死亡,65人が負傷。犯行声明は発出されていないが,ISILの「西アフリカ州」を自称する「ボコ・ハラム」の犯行が指摘。

2016/1/15(金)  

12月

2015/12/29(火)
  • ナイジェリア北東部・ボルノ州マイドゥグリで,自爆テロ及びロケット弾による複数の攻撃があり,少なくとも50人が死亡。また,カメルーン国境に近い北東部・マダガリでも自爆テロが発生,少なくとも30人が死亡。

2015/12/20(日)
  • モーリシャス発パリ行きのエールフランス463便のトイレ内で,爆発物の疑いがある不審物が発見され,同機はケニヤ南東部・モンバサの空港に緊急着陸。負傷者はなし。調査の結果,同不審物はボール紙にタイマーを付けた偽爆弾と判明。 

2015/12/11(金)
  • カメルーン北部・コロファタの屋台で自爆テロが発生し,少なくとも民間人7人が死亡。治安当局は,現場で8人の遺体を発見したが,1人は自爆犯であるとしている。

2015/12/5(土)
  • チャド西部・チャド湖の島にある市場付近で,女3~4人による自爆テロが発生し,少なくとも30人が死亡,80人以上が負傷。犯行声明は発出されていないが,ナイジェリア北東部を中心に活動するイスラム過激組織「ボコ・ハラム」による犯行の可能性が指摘。

 

11月

2015/11/28(土)
  • マリ北部・ギダル州で,「国連マリ多角的統合安定化ミッション」(MINUSMA)の駐屯地にロケット弾が撃ち込まれ,MINUSMA隊員ら3人が死亡,約20人が負傷。イスラム過激組織「アンサール・ディーン」が犯行声明を発出。

2015/11/27(金)
  • ナイジェリア北部・カノ州都カノ市近郊で,自爆テロが発生し,少なくとも20人以上が死亡。翌28日,同国北東部を中心に活動するイスラム過激組織「ボコ・ハラム」が,シーア派イスラム教徒を標的とする作戦を実行したとして犯行声明を発出。

2015/11/21(土)
  • カメルーン北部・フォトコル近郊で,少女ら4人が相次いで自爆。最初の1人が部族指導者宅を訪れて自爆し,同指導者及び家族4人の計5人が死亡。その後,同現場近くで3人が相次いで自爆し,約10人が負傷。犯行声明は発出されていないが,カメルーンの捜査当局は「ボコ・ハラム」が関与した可能性を指摘。

2015/11/20(金)
  • マリ首都バマコで,武装集団が,高級ホテルを襲撃し,外国人を含む約20人が死亡。武装集団は,宿泊客など約170人を人質にとって立て籠もったが,治安部隊が突入し,武装集団側の2人を射殺。同日,イスラム過激組織「アル・ムラービトゥーン」が犯行を自認。

2015/11/17(火)
  • ナイジェリア北東部・ヨラで17日,市場やレストラン,モスクなどが並ぶ繁華街で爆弾が爆発し,32人が死亡,約80人が負傷。また,同国北部・カノで18日,市場で少女2人が相次いで自爆し,15人が死亡,両事件とも,犯行声明は発出されていないが,「ボコ・ハラム」が関与した可能性が強いとの見方。
 

 

10月

2015/10/23(金)
  • ナイジェリア北東部のボルノ州都マイドゥグリ及びアダマワ州都ヨラで,モスクを標的とする自爆テロ2件が相次いで発生し,少なくとも合わせて55人が死亡,100人以上が負傷。

2015/10/15(木)
  • ナイジェリア北東部・マイドゥグリで,15日夕刻から16日朝にかけ,計5件の自爆テロが発生。計34人が死亡,49人が負傷。最初の爆発は,信者を装った実行犯がモスク内で自爆。爆発を受けて現場に人が集まったところで,モスク外で待ち伏せしていた別の実行犯が自爆。犠牲者の多くは金曜礼拝のためモスクを訪れていた信者。その後,16日朝までに3件の自爆テロが相次ぎ発生。いずれも犯行声明は未発出。

2015/10/13(火)
  • ナイジェリア北東部・マイドゥグリで,複数の爆弾が相次いで爆発し,7人が死亡。犯行声明は発出されていないが,当局は,同国北東部を中心に活動するイスラム過激組織「ボコ・ハラム」の犯行とみて捜査。

2015/10/11(日)
  • カメルーン北部・カンガレリで,女2人がカフェで自爆し,9人が死亡,29人が負傷。犯行声明は発出されていないが,治安当局関係者は,隣国ナイジェリア北東部を中心に活動するイスラム過激組織「ボコ・ハラム」の犯行と推定。

2015/10/10(土)
  • チャド西部・バガソラで,5人の実行犯による複数の自爆テロが相次いで発生し,実行犯を含め41人が死亡,50人以上が負傷。犯行声明は発出されていないが,地元政府関係者は,隣国ナイジェリア北東部を中心に活動するイスラム過激組織「ボコ・ハラム」の犯行と推定。

2015/10/03(土)
  • ナイジェリア首都・アブジャ近郊の警察署及びバス停留所付近で,相次いで自爆テロが発生し,少なくとも21人が死亡。4日,同国北東部を中心に活動するイスラム過激組織「ボコ・ハラム」が警察署2か所に対する作戦を実行したとする声明を発出し,犯行を自認。

2015/10/01(木)
  • ナイジェリア北東部ボルノ州のモスクなどで,子供5人を実行犯に利用したとみられる自爆テロが発生し,15人以上が死亡。
 

 

9月

2015/09/20(日)
  • ナイジェリア北東部・ボルノ州都マイドゥグリで,爆弾が爆発し,少なくとも54人が死亡,90人以上が負傷。犯行声明は発出されていないが,同国北東部を中心に活動するイスラム過激組織「ボコ・ハラム」による犯行の可能性が指摘。

2015/09/13(日)
  • カメルーン北部・コロファタで,キリスト教会及び井戸の近くなど,人々が集まっている場所での自爆テロが相次ぎ,少なくとも7人が死亡,20人が負傷。

2015/09/03(木)
  • カメルーン北部・ケラワで,市場及び軍の宿営地で女性による自爆テロが相次いで発生し,少なくとも19人が死亡,約100人が負傷。
 

 

8月

2015/08/31(月)
  • ナイジェリア北東部・ボルノ州ファタウェで,約100人の武装集団が村を襲撃し,成人男性を後ろ手に縛った上で喉を切って殺害。また,逃げようとした住民も銃で撃つなどして殺害。

2015/08/25(火)
  • ナイジェリア北東部・ヨベ州ダマツルのバス停付近で女が自爆し,少なくとも6人が死亡,28人が負傷。犯行声明は発出されていないが,実行犯は10代の少女とされ,同国を拠点とする「ボコ・ハラム」が拉致した少女らを自爆テロの実行犯にさせているとみられることから,報道では同派の犯行である可能性を指摘。

2015/08/11(火)
  • ナイジェリア北東部・ボルノ州サボンガリの市場で,場内に持ち込まれ放置されていた除草剤噴霧器に仕掛けられていた爆弾が爆発し,47人が死亡,52人が負傷。

2015/08/07(金)
  • マリ中部・モプティ州セバレ市で,武装集団がホテルを襲撃し,同ホテル内にいた外国人などを人質にとって籠城。同襲撃で,「国連マリ多角的統合安定化ミッション」関係者5人(ネパール人1人,南アフリカ人1人,ウクライナ人2人,マリ人1人)を含む12人が死亡。10日,カタールのテレビ局アル・ジャジーラによると,「アル・ムラービトゥーン」が犯行を自認。
 

 

7月

2015/07/26(日)
  • ナイジェリア北東部・ヨベ州ダマトゥルで,手荷物検査で混雑した市場の入り口で少女が自爆し,少なくとも15人が死亡,47人が負傷。犯行声明は出ていないが,ナイジェリア当局は「ボコ・ハラム」の犯行と指摘。

2015/07/25(土)
  • カメルーン北部・極北州マルアのレストランで少女が自爆し,少なくとも19人が死亡,62人が負傷。

2015/07/22(水)
  • ナイジェリア北東部・ゴンベ州都ゴンベのバス停2か所で爆発があり,42人が死亡。また,同国北東部・ボルノ州では武装集団が村を襲撃し,住民9人が死亡。犯行声明は出ていないが,ナイジェリア当局は「ボコ・ハラム」の犯行と指摘。
  • カメルーン北部・極北州マルアの市場で10代の少女2人が自爆し,少なくとも11人が死亡。

2015/07/20(月)
  • ナイジェリア北東部・ヨベ州ダマトゥル近郊で,爆発物を積載した車両が爆発し,警察官ら8人が死亡。犯行声明は出ていないが,ナイジェリア当局は「ボコ・ハラム」の犯行と指摘。

2015/07/16(木)
  • ナイジェリア北東部・ゴンベ州都ゴンベで,市場の2か所及びモスクにおいて爆弾テロが相次ぎ,少なくとも62人が死亡,86人が負傷。犯行声明は発出されていない。

2015/07/11(土)
  • チャド首都ンジャメナの市場で,顔をスカーフで覆った女とみられる人物が自爆し,14人が死亡。

2015/07/05(日)
  • ナイジェリア中部・プラトー州ジョスで,モスク及び飲食店で相次いで爆弾が爆発し,計44人が死亡,67人が負傷。また,同国北東部・ヨベ州ポティスクムのキリスト教会で自爆テロが発生し,5人が死亡。
 

 

6月

2015/06/22(月)
  • ナイジェリア北東部ボルノ州都マイドゥグリの市場で,10代少女2人が相次いで自爆テロを実行し,少なくとも20人が死亡,50人以上が負傷。
    翌23日には,同国北東部ヨベ州都ダマトゥルの市場で,10代少女が自爆テロを実行し,少なくとも10人が死亡,30人以上が負傷。

2015/06/18(木)
  • マリを拠点とするイスラム過激組織「アル・ムラービトゥーン」は,13日に米国がリビアで実施した空爆により,「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ」(AQIM)元幹部で「アル・ムラービトゥーン」設立者のモフタル・ベルモフタルが死亡したとする同国世俗派政府の発表を否定する声明を発出。

2015/06/15(月)
  • チャド首都ンジャメナで,オートバイに乗った男4人が警察本部及び警察学校で相次いで爆弾テロを実行。少なくとも37人が死亡し,100人以上が負傷。犯行声明は発出されていないが,チャド政府は,ナイジェリア北東部を中心に活動するイスラム過激組織「ボコ・ハラム」による犯行と断定。チャド首都における同組織によるとされる初のテロ事件。なお,チャド政府は18日の声明で,ナイジェリアにある「ボコ・ハラム」の拠点6か所を17日に報復空爆したと発表。

2015/06/09(火)
  • ナイジェリア北東部・ボルノ州のマタンガレ,ブラルティマ及びディルマンティの3つの村を,武装集団が相次いで襲撃し,少なくとも住民43人が死亡。犯行声明は未発出。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。