本文へ移動

08 予約
〜予約をお取りください!〜

手続の予約制(※必須)について

  1. 1.遺言書の保管の申請など,本制度の多くの手続は,実際に遺言書保管所に来て行っていただくものとなりますが,それらの遺言書保管所において行う全ての手続について,予約が必要です。
  2. 2.本制度の各種手続は,(申請・請求等の内容に不備等がない場合)原則として,即日処理となります。そのため,手続の完了まで一定程度の時間を要することから,手続自体の順番待ちを不要とし,予約した時間にお越しになれば,すぐに手続をしていただけるように,予約制を導入しました。

予約方法のご案内

  1. 1.手続を行う遺言書保管所を決めてください。

    あなたが手続を行うことができる遺言書保管所を確認する。

  2. 2.ご希望の日時で,手続を行う遺言書保管所の予約を取ります。予約方法は以下のとおりです。
    1. 法務局手続案内予約サービスの専用HPでの予約 (★おすすめ)
      ※24時間365日(メンテナンス時除く。)いつでも利用可能です!

      法務局手続案内予約サービスの専用HP別ウィンドウを開く

    2. 予約を取りたい遺言書保管所への電話又は窓口での予約

      遺言書保管所(法務局)の電話番号や所在地を確認する。

      • ※平日8:30~17:15まで(土日祝日,年末年始を除く。)
      • ※お電話の場合は,時間帯によってつながりにくいことがあります。
      • ※遺言書保管所の窓口では,職員が他の手続対応中の場合お待ちいただくことがあります。

予約に関する注意事項

  1. 予約は,手続を行うご本人が行ってください。
  2. 予約を行うことができる期間は,30日先までです。
  3. 当日の予約はできません。
  4. 予約日の前々業務日の午前中まで予約をすることができます。
    例)月曜日の予約は,その前の週の木曜日の正午まで予約可能。
  5. 法務局手続案内予約サービスの専用HPで予約した場合は,予約日時の変更をHPで行うことができますが,当日のキャンセル等については,直接,予約をした遺言書保管所へ電話連絡をお願いします。
  6. 例えば,御夫婦でそれぞれ1通ずつ,遺言書の保管の申請をする場合,同じ遺言書保管所で一緒に手続を行う場合には,お一人につき1件の予約が必要です。