検索

検索

×閉じる

川越少年刑務所


庁舎
川越少年刑務所のある川越は,東京の北西に位置し,江戸時代は城下町として栄え,今でも蔵造と呼ばれる古い土蔵や商家の町並みが残り,小江戸川越として知られ,明治時代から続く菓子屋横丁,500体の五百羅漢の石像や江戸城の遺構が残る寺院の散策に多くの観光客が訪れる町です。
当所は26歳未満で犯罪傾向の進んでいない男子受刑者を収容しているため,それにふさわしい教育的処遇を実施し,社会生活に適応する能力の育成に努めています。

基本情報

住所 〒350-1162 埼玉県川越市南大塚6-40-1
交通手段 ●西武新宿線「南大塚駅」下車 徒歩20分
●JR川越線・東武東上線「川越駅」下車 車15分 
TEL 049(242)0222 
FAX 049(242)0240


作業情報

〇実施作業
業種 主な機械設備 主な作業内容
木工 ジャンピングクロスカットソー,手押鉋盤,横型ベルトサンダー,丸鋸盤,ボディプレス,パネルソー 車載用部材加工,学校用品等製作
金属 2柱リフト,サイドスリップテスター,スピードテスター,ブレーキテスター 車両整備,板金塗装,イヤーホン組立,端子台組立
その他 レザー加工機 紙袋の製作,箱組立,ボールペン組立,ゴム製品のバリ取り
 
工場外観 木工工場 自動車整備工場

展示場情報

刑務所作業製品(CAPIC製品)を展示販売する展示場を併設しておりますので,ぜひお越しください。


〇場所
 〒350-1162 埼玉県川越市南大塚6-40-1

〇営業時間
 9時~16時(土日祝日を除く)

〇展示・販売品の例

 

積み木 靴べら
   
川越唐桟(かわごえとうざん)生地 川越唐桟の万華鏡