フロントページ > 国際テロリズム要覧2021 > 地域別テロ情勢等 > キルギス

キルギス

キルギスでは,1999年8月,南部・オシ州バトケン地区(現バトケン州)で,邦人4人が「ウズベキスタン・イスラム運動」(IMU)によって誘拐(同年10月解放)される事案が発生した。また,2010年11~12月にかけて首都ビシュケクでの爆弾テロ及び爆弾テロ未遂事件の発生(警察官2人負傷)以降,治安情勢は安定していたが,2016年8月には,ビシュケクで中国大使館に対する自爆テロが発生した。イスラム過激主義者の活動が活発なフェルガナ盆地に近接する同国南部の山岳地帯は,イスラム過激組織メンバーの移動経路となっており,依然としてイスラム主義組織「ヒズブ・タフリール」(HT,「イスラム解放党」)やその他イスラム過激組織等の活動が散見される。

また,「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)は,2015年7月,キルギス人に対し,不信心者の国から「イスラム国」に移住するよう呼び掛ける「キルギス人へのメッセージ」と題した映像を公開したほか,2017年10月にビシュケクで発生した警察官刺殺事件では,ISILと関連を有する「アーマク通信」がISILの関与を主張した。

こうした中,キルギスからロシアに渡った移民労働者を中心に約850人がシリア及びイラクに渡航し(注13),既に63人が帰国した(注14)とされている。2018年以降,これら紛争地域から帰国した戦闘員が複数拘束されているほか,2019年8月には,シリア及びイラクからのキルギス国籍の少年帰国プログラムが開始された。

このページの先頭へ