検索

検索

×閉じる
トップページ  >  政策・審議会等  >  国民の基本的な権利の実現  >  人権擁護局フロントページ >  啓発活動 >  第72回人権週間  令和2年12月4日(金)~12月10日(木)

第72回人権週間  令和2年12月4日(金)~12月10日(木)


人権週間
 国際連合は,1948年(昭和23年)12月10日の第3回総会において,世界における自由,正義及び平和の基礎である基本的人権を確保するため,全ての人民と全ての国とが達成すべき共通の基準として,世界人権宣言を採択し,また,1950年(昭和25年)12月4日の第5回総会において,世界人権宣言が採択された日である12月10日「人権デー」と定め,全ての加盟国及び関係機関に対し,この日を祝賀して人権活動を推進するための諸行事を行うように要請する決議を採択しました。

 法務省の人権擁護機関では,1949年(昭和24年)から毎年,人権デーである12月10日を最終日とする1週間(12月4日から12月10日)を「人権週間」と定め,その期間中,各関係機関及び団体の御協力を得て,世界人権宣言の趣旨及びその重要性を広く皆様方に知っていただき,人権尊重思想の普及高揚に努めてまいりました。


 しかし,いまだに,いじめや虐待,外国人や障害のある人,ハンセン病元患者とその家族などに対する偏見や差別,企業等における各種ハラスメントなど,様々な人権問題が存在しています。
 さらに,新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴って,感染者や医療従事者,またこれらの方々の家族などに対する偏見や差別といった様々な人権問題が発生するとともに,SNS上で他人を誹謗中傷したり,個人の名誉やプライバシーを侵害したり,あるいは差別を助長するような情報を発信したりするといったインターネット上の人権侵害も深刻な問題となっています。
 
  法務省の人権擁護機関の行う人権啓発活動については,国連の持続可能な開発目標(SDGs)が掲げる「誰一人取り残さない」社会の実現に向けて,皆様お一人お一人に人権を尊重することの大切さを御確認いただき,他者の人権にも十分御配慮いただけるよう,また,本年10月16日に策定された「ビジネスと人権」に関する行動計画をも踏まえ,企業にも人権に配慮した責任ある活動を行っていただけるよう,一層強力な取組が求められていると認識しています。
 
 そこで,本年も,12月4日から12月10日までの1週間を「第72回人権週間」と定め,様々なメディアを利用しつつ,全国各地において集中的に人権啓発活動を行います。
 
 この機会に,人権について改めて考えてみませんか?



◇世界人権宣言について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

◇「第72回人権週間」の実施について(プレスリリース)
 
第72回人権週間ポスター
 第72回人権週間ポスター

第72回人権週間の実施に当たっての法務大臣メッセージ

 12月4日から10日までの1週間,「第72回人権週間」を実施いたします。
 今回,コロナ禍における新たな取組の1つとして,人権週間の最終日であり,国連で世界人権宣言が採択された記念の「人権デー」である12月10日に,東京スカイツリーと東京タワーを17色にライトアップします。17のカラーは,「誰一人取り残さない」社会を実現するため,SDGs(Sustainable Development Goals)が掲げた17のゴールを表現したものです。

 今年は,新型コロナウイルス感染症に関連して,差別やいじめなど,様々な人権問題が発生しました。また,SNS上での誹謗中傷なども社会問題になりました。
 感染対策を意識した「新しい生活様式」を実践する中にあっては,軋轢やストレスが生ずることもあるでしょう。感染に対するおそれもあるでしょう。
 しかし,だからといって,誰かの人権が傷付けられてはなりません。感染する可能性は誰にでもあります。感染などを理由に誰かが受けている差別は,自分の身にも降りかかり得るものです。

 この機会に,様々な人権問題について,「誰かのことではなく自分のこととして捉え,考えていただきたい」,ライトアップは,このような思いを込めて実施するものです。

 一人一人の行動で,全ての人の人権が尊重される社会を実現しましょう。

令和2年11月27日
法務大臣 上川 陽子

第72回人権週間の実施に当たっての全国人権擁護委員連合会会長メッセージ

 国際連合は,1948年(昭和23年)12月10日に開催の第3回総会において,「世界における自由,正義及び平和の基礎」である基本的人権を確保するため,「すべての人民とすべての国とが達成すべき共通の基準」として,世界人権宣言を採択しました。そして,1950(昭和25年)12月4日に開催の第5回総会において,世界人権宣言が採択された12月10日を「世界人権デー」と定め,すべての加盟国及び関係機関がこの日に,人権活動を推進するための記念行事を行うことを要請する決議を採択しました。

 日本では,法務省と全国人権擁護委員連合会が,世界人権宣言が採択されたことを記念して,1949年(昭和24年)から毎年,12月10日を最終日とする1週間(12月4日から同月10日まで)を「人権週間」と定めています。その期間中,各関係機関及び団体の協力の下で,世界人権宣言の趣旨及びその重要性を広く国民に訴えかけるとともに,人権尊重思想の普及高揚を図るため,全国各地においてシンポジウム,講演会,座談会,映画会等を開催するほか,テレビ・ラジオ,SNSなど各種のマスメディアを利用した集中的な啓発活動を行ってきました。
 ただ,今年は,コロナ禍のために,対面型の啓発活動は中止ないし抑制を余儀なくされています。そこで,コロナ禍における非接触型の新しい啓発活動の試みの一つとして,東京タワーや東京スカイツリーを「SDGsの17のゴールの色」にライトアップすることにしました。ライトアップの写真を活用し,例えば,人権教室などにおいて「この色は何を意味している?」というように,色を通じて人権への理解を深めてもらうといったこともお願いできればと存じます。「視覚障害」,「色覚障害」の方への「合理的配慮」についての理解も深めていただければ幸甚です。

 新型コロナウイルスの災禍に立ち向かうには,私たちの結束,全員の協力が肝要です。この結束,協力には信頼が欠かせません。人権も同様です。AがBの人権を守り,BがAの人権を守るという相互関係のなかでこそ,人権は成り立ちます。新型コロナウイルスの感染防止のためにも,Aさん,Bさん,一人一人の人権を大切にしていきましょう。
 
令和2年11月27日
全国人権擁護委員連合会会長
内田 博文

人権啓発動画

 STOP!コロナ差別 ~差別や偏見を思いやりやエールに!~

 あなたの一言は誰かを傷つけませんか? ~ハートがなけりゃSNSじゃない!~

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。