本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > 政策・施策 > 国民の基本的な権利の実現 > 人権擁護局フロントページ > 啓発活動 > 同和問題とは

同和問題とは


同和問題に関する正しい理解を
 同和問題とは,日本社会の歴史的発展の過程で形づくられた身分階層構造に基づく差別により,日本国民の一部の人々が長い間,経済的,社会的,文化的に低位の状態を強いられ,日常生活の上で様々な差別を受けるなど,我が国固有の重大な人権問題です。
 残念ながら,今なお,こうした人々に対する差別発言,差別待遇等の事案のほか,差別的な内容の文書が送付されたり,インターネット上で差別を助長するような内容の書込みがなされるといった事案が発生しています。
 差別や偏見に基づくこうした行為は,他人の人格や尊厳を傷つけるものであり,決して許されないものです。
 同和問題を正しく理解し,一人一人の人権が尊重される社会の実現を目指しましょう。

内閣府「人権擁護に関する世論調査」

法務省の人権擁護機関による取組内容

 法務省の人権擁護機関では,人権相談及び人権侵犯事件の調査・処理を通じ,被害の救済・予防を図っています。
 例えば,結婚差別や差別発言等について,行為者や関係者に対して人権尊重の意識を啓発することにより,自発的・自主的に人権侵害の事態を改善,停止,回復させたり,将来再びそのような事態が発生しないよう注意喚起したりしています。
 また,インターネット上で,不当な差別的取扱いを助長・誘発する目的で特定の地域を同和地区であると指摘するなどの内容の情報を認知した場合は,その情報の削除をプロバイダ等に要請するなど適切な対応に努めています。

同和問題に関する人権侵犯事件数

同和問題に関する人権侵犯事件例

 同和地区出身であることを理由として交際相手の両親から結婚を反対されたとの申告を受け調査を開始した事案。調査の結果,そうした事実が認められたことから,法務局は交際相手の両親に対し,啓発資料を用いて同和問題に関する理解を深めるように働きかけ,また,同和地区出身であることを理由に結婚に反対する発言は不当な差別であり,申告者の人格を傷つける人権侵害であるとして,今後は同和問題に対する理解を深めるように説示しました。

各種資料・関連リンク先

■ 啓発ビデオ
 ・ 人権アーカイブシリーズ「同和問題~過去からの証言,未来への提言~」(YouTubeが表示されます)        
  ※同和問題の歴史的経緯,当時の社会情勢,問題の本質等についての関係者の証言や解説等。(61分)
 ・ 人権アーカイブシリーズ「同和問題~未来に向けて~」(YouTubeが表示されます)
  ※ドラマを交えながら,同和問題の経緯,解決のための取組,今後の課題について簡潔にまとめています。(19分)
 
■ 人権相談窓口
  全国の法務局・地方法務局の人権相談窓口では,同和問題に関する人権問題について,御相談に応じています。
  人権相談はこちらまで
 
■ インターネットを悪用した人権侵害について
  インターネットを悪用した人権侵害をなくしましよう
  インターネットを悪用した人権侵害の現状や対応方法など御紹介しています。
 
ページトップへ