本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 政策・施策 > 国民の基本的な権利の実現 > 人権擁護局フロントページ > 人権相談

人権相談

ひとりで悩まずにご相談ください

人権相談はこちら

様々な人権問題の電話による相談
みんなの人権110番0570-003-110
セクハラ・家庭内暴力など女性の人権問題
女性の人権ホットライン
いじめ・虐待など子どもの人権問題
子どもの人権110番 0120-007-110
子どもの人権問題(手紙による相談)
子どもの人権SOSミニレター
様々な人権問題のインターネットによる相談
インターネット人権相談
           
Human Rights counseling in foreign languages You can consult Human Rights issues
Telephone Counseling0570-090-911 Counseling on the Internet English,Chinese
Face to face Counseling
             
Information on the Human Rights Counseling in foreign languages
英語 韓国語 中国語
世界地図
フィリピン語 ベトナム語 ポルトガル語

人権相談Q&A

どんなことを相談にのってくれるの?

セクハラやパワハラ,家庭内暴力,体罰やいじめ,インターネットでの誹謗中傷,差別など,「自分の悩みは人権侵害かも?」と思ったら,一人で悩まず,気軽にご相談ください。秘密は守ります。相談は無料です。

誰が相談にのってくれるの?どのような相談方法があるの?

全国各地の法務局の職員や,人権擁護委員※が人権に関するご相談をお受けしています。
あなたの悩みの解決のため,最善の方法を一緒に考えます。相談方法は,電話相談や窓口相談,インターネット相談等があります。あなたの相談しやすい方法で,ご相談ください。

※人権擁護委員は,人権擁護委員法に基づいて,人権相談を受けたり,人権の考えを広める活動をしている民間の人たちです。


人権擁護委員 法務局職員  
 
窓口相談 電話相談 インターネット相談

相談をきいて、どのように対応してくれるの?

職員又は人権擁護委員が必要に応じて調査を行います。調査は関係者の任意の協力を得て行います。
調査結果に基づき人権侵害が認められるかどうかを判断し,必要に応じて適切な「措置」※をとります。
措置にはさまざまな種類があります。手続終了後も,必要に応じてアフターケアを行います。

※救済措置は,関係者の理解を得て,自主的な改善を促すことを主な目的とするもので,強制力はありません。
調査の結果によっては,侵犯事実が認定できない場合もあります。
 
援助
援助
関係機関への紹介,法律上の助言等を行う。
調整
調整
当事者間の関係調整を行う。
説示・勧告
説示・勧告
人権侵害を行った者に改善を求める。



法務省の人権擁護機関による救済措置

具体的な相談事例と救済措置はこちら

 

その他

当局では,SNS(LINE)による人権相談の試行を行うため,LINE公式アカウントを取得しました。 LINE公式アカウントの運用指針は別添のとおりです。 なお,本件に関する御質問は,法務省人権擁護局調査救済課までお問い合わせください。
SNS(LINE)による人権相談の試行実施におけるLINE公式アカウントの運用指針
人権擁護局フロントページへ

 

この記事に関する問い合わせ先

Adobe Readerのダウンロードページへ PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。 Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。 リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。
ページトップへ