本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 政策・施策 > 国民の基本的な権利の実現 > 人権擁護局フロントページ > 人権相談

人権相談


人権イメージキャラクター 人KENまもる君                                      人KENあゆみちゃん

 差別,いじめ,嫌がらせ等人権に関する問題でお困りの場合は,法務局の人権相談をご利用ください。
○電話:みんなの人権110番(0570-003-110),女性の人権ホットライン(0570-070-810)
            子どもの人権110番(0120-007-110・フリーダイヤル)
            外国語人権相談ダイヤル(0570-090-911)

注)電話番号のおかけ間違いにご注意ください。

インターネット人権相談はこちらへ

一人で悩まないで

もう一人で悩まないで相談から解決へ

○不当な差別,職場・学校でのいじめ,相隣間のトラブル,インターネットでの誹謗中傷・プライバシー侵害(注)など,「これは人権上問題では?」と感じたりすることはありませんか
○全国各地の法務局では,職員や人権擁護委員が人権に関するご相談(人権相談)をお受けしています。
○必要に応じて,事実関係を調査します。
○あなたの悩みの解決のため,最善の方法を一緒に考えます。一人で悩まず,法務局へご相談ください。
人権相談・調査救済制度周知用リーフレット
調査救済制度等周知用スポットCM

※近年,インターネットを利用して個人の名誉やプライバシーを侵害する事案が増加しています。インターネットを悪用した人権侵害については,こちらもご参照ください。


<法務局による相談・救済手続の特徴>
国の機関として,中立・公正な立場で関わります。
1 簡易
 ・手続に費用はかかりません。
 ・書面の作成など複雑な手続はありません。
2 迅速
 ・速やかに手続を開始します(※)。
 ・短期間での解決を目指します。
3 柔軟
 ・事情をよくお聴きし,適切な助言を行います。
 ・事案に応じて必要な調査を行い,最善の解決を目指します。
  ※事案によっては手続を開始しない場合があります。
 
窓口相談
窓口相談

電話相談
電話相談

インターネット相談
インターネット相談
 
やじるし
<法務省による救済措置の例>
法務省による救済措置の例
 

相談はこちらへ

常設相談(みんなの人権110番 0570-003-110)

 全国の法務局・地方法務局及びその支局で開設している,面接又は電話による相談です。
 なお,日時を定めて市町村役場などで開設(特設相談)することもあります。
 詳しくはこちらまで。
 高齢者・障害者の人権あんしん相談についてはこちらまで。

子どもの人権110番(全国共通フリーダイヤル 0120-007-110)

 「いじめ」,虐待など,子どもの人権問題に関する専用相談電話です。
 詳しくはこちらまで。

女性の人権ホットライン(全国共通ナビダイヤル 0570-070-810)

 配偶者・パートナーからの暴力やセクシュアル・ハラスメント等,女性の人権問題に関する専用相談電話です。
 詳しくはこちらまで。

インターネット人権相談受付窓口(24時間受付)

 パソコンや携帯電話からインターネットを利用して,いつでもアクセスでき,相談を行うことができます。
 詳しくはこちらまで。

外国人のための人権相談

日本語を自由に話すことができない方のために,全国の法務局・地方法務局では,以下の相談窓口を設けています。

○外国人のための人権相談所(法務局における面談による相談です。6言語(英語,中国語,韓国語,フィリピノ語,ポルトガル語,ベトナム語)に対応しています。)
○外国語人権相談ダイヤル(0570-090911:全国共通。6言語(英語,中国語,韓国語,フィリピノ語,ポルトガル語,ベトナム語)に対応しています。)
○外国語インターネット人権相談受付窓口(英語及び中国語に対応しています。)

対応時間等の詳細はこちらをご覧ください。

子どもの人権SOSミニレター

 「いじめ」,親からの虐待など,先生や保護者にも話せない悩みごとのご相談に応じ,解決に導きます。
 詳しくはこちらまで。

人権擁護局フロントページへ

ページトップへ