本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > 政策・施策 > 国民の基本的な権利の実現 > 人権擁護局フロントページ > 人権相談 > 女性の人権ホットライン

女性の人権ホットライン


人権イメージキャラクター 人KENまもる君                                 人KENあゆみちゃん

ゼロナナゼロのハートライン

 夫・パートナーからの暴力,職場での差別セクシュアル・ハラスメントストーカーなど
どんなことでも相談してください。
 女性の人権問題に詳しい法務局職員又は人権擁護委員がお受けします。

○受付時間 平日 午前8時30分から午後5時15分まで

女性の人権ホットライン 0570-070-810
注)電話番号のおかけ間違いにご注意ください。 

女性の人権ホットラインとは


女性の人権ホットラインポスター
 「女性の人権ホットライン」は,配偶者やパートナーからの暴力,職場等におけるセクシュアル・ハラスメント,ストーカー行為といった女性をめぐる様々な人権問題についての相談を受け付ける専用相談電話です。
 電話は,最寄りの法務局・地方法務局につながり,相談は,女性の人権問題に詳しい法務局職員又は人権擁護委員がお受けします。相談は無料,秘密は厳守します。(インターネットでも相談を受け付けています。詳細はこちらをご覧ください。)。

 
注) 発信した地域によっては,その地域を所管しない法務局・地方法務局で電話を受ける場合があります。
  IP電話からは接続できません。こちらの一覧表にある法務局・地方法務局の電話番号をご利用ください。

女性を被害者とする主な救済措置の事例

 「女性の人権ホットライン」による相談等を端緒として,人権が侵害された疑いのある事案について救済手続を開始する場合があります。女性を被害者とする主な救済措置の事例は次のとおりです。

1.夫の妻に対する悪意の遺棄事案

 夫により家から閉め出され,3日程前から野宿していたという被害者を近隣の住民が保護し,「女性の人権ホットライン」に相談が寄せられた事案。
 保護した住民も被害者とは特段の関係がないため,今後どうすればよいか不安との話であったため,担当職員から婦人相談所に連絡を取り,同相談所の助言を得て,被害者にまずは警察署に向かうよう助言した。その結果,警察署において緊急性のある事案と判断され,被害者は一時保護されるに至った。その後,被害者は婦人相談所の支援を得つつ,夫との別居の準備を進めることとなった。(措置:「援助」)


2.会社経営者による従業員に対するセクシュアル・ハラスメント事案

 女性従業員から被害の申告があり,調査を開始した事案。内容は,会社経営者からセクシュアル・ハラスメントを受けたというもの。
 調査の結果,会社経営者は,健康診断結果を通知するに当たり,同社従業員らが在席する事務室内において,被害者の意に反して,他の従業員に知られないよう配慮することなく,同人に関する医師の所見及び身体的特徴を口頭で指摘するなどした事実が認められた。
 そこで,会社経営者に対して,当該行為の不当性を十分認識して自戒するとともに,基本的人権に対する正しい理解を深め,今後,同様の行為に及ぶことのないよう説示した。(措置:「説示」) 


人権擁護局フロントページへ

ページトップへ