本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 内部部局 > 民事局 > 登記 -債権譲渡登記- > 登記・供託オンライン申請システムを使用した事前提供方式について

登記・供託オンライン申請システムを使用した事前提供方式について

第1 はじめに

    平成26年6月2日(月)から,新たな登記申請の方式として,登記・供託オンライン申請システムを使用した「事前提供方式」が認められます。
    登記申請の方式としては,これまで登記申請書と電磁的記録媒体を提出する方式(以下「書面方式」といいます。)と登記申請に必要な情報を全てオンラインで送信する方式(以下「オンライン方式」といいます。)の2種類が認められていました。
    このたび,3種類目として創設される事前提供方式は,書面方式で電磁的記録媒体に記録している情報等(以下「登記事項」といいます。)をオンラインで送信した上で,それ以外の情報については書面で提出するという方式です。
    この事前提供方式には,次のメリットがあります。
  (1) 登記申請(登記申請書の提出)の前に,登記事項の形式エラーのチェックが行われます。
  (2) 希望があれば,登記申請前に,登記事項について事前相談を受けることができます。
  (3) オンライン方式による場合と同様に,登記所の処理状況をオンラインで把握することが可能ですので,登記手続の終了や登記番号を把握することができます。
  (4) オンラインを利用しますが,電子署名や電子証明書は不要です。

第2 事前提供方式の流れ

   1 手続の概要

      法務省ホームページから必要なソフトウェア等を無料でダウンロード【後記2】
       ↓
   事前提供データの作成【後記3】
        ↓
   事前提供データの送信【後記4】
       ↓
   登記申請書の作成・譲渡登記所への提出【後記5】
    ※ より詳細な手続の流れについては,こちらを御覧ください。[PDF]
   

   2 法務省ホームページから必要なソフトウェア等を無料でダウンロード
      事前提供方式による場合には,法務省ホームページ上に掲載している「申請データひな形(窓口,送付用)」及び「申請人プログラム」並びに登記・供託オンライン申請システムのホームページ上に掲載している「申請用総合ソフト」を利用しますので,事前にダウンロード(無料)してください。
      ☆「申請データひな形(窓口,送付用)」のダウンロード
    ・動産譲渡登記用
    ・債権譲渡登記及び質権設定登記用
      ☆「申請人プログラム」のダウンロード
      ☆「申請用総合ソフト」のダウンロード
 
   3 事前提供データの作成
      申請データを作成後,「申請人プログラム」で事前提供データ(ZIPファイル)を作成し,「申請用総合ソフト」を利用して,譲渡登記所に送信してください。
    (1) 申請データの記録方式
        動産譲渡登記,債権譲渡登記又は質権設定登記の申請において提出を要する申請データの記録方式については,次に掲載する「申請データ仕様」において御案内しています。申請データ仕様は,電磁的記録媒体への記録方式の告示と同様の内容を記載していますので,申請データを作成する際は,必ず参照してください。
      ア 動産譲渡登記
          動産譲渡登記申請データ仕様[PDF]
      イ 債権譲渡登記及び質権設定登記
          債権譲渡登記申請データ仕様[PDF]
    (2) 形式エラーチェック
        譲渡登記所へ送信すると申請データの形式エラーチェックを行います(形式エラーがあると登記の申請を受理することはできません。送信後約10分後を目処にチェック結果が送信されます。)ので,申請データに形式エラーがあった場合には,エラー箇所を修正の上,再度,送信してください。
        仮に,事前提供データを送信した後に申請データを修正する場合には,申請データの修正後,新たに事前提供データを作成の上,送信してください(修正前に譲渡登記所に送信されたデータについては,後日,自動的に削除されます。)。
        なお,「申請用総合ソフト」の詳しい操作手順については,「申請者操作手引書(動産譲渡登記・債権譲渡登記 申請用総合ソフト編)」を御覧ください。
       
   4 事前提供データの送信
    (1) 送信する際の電子署名等の要否
        事前提供データの送信に当たっては,電子署名を付すことや電子証明書を送信することは,必要ありません。
    (2) 事前相談について
        御希望があれば,登記事項について事前相談を行います。事前提供データを送信後,事前提供番号を控えた上で,東京法務局に電話で連絡してください。
        なお,事前相談には,時間を要する場合がありますので,御了承願います。
        また,事前相談を行ったものであっても,登記申請書の受付時点で不備等を発見した場合には,却下又は取下げとなりますので,御注意ください。
      ア 動産譲渡登記
          → 東京法務局民事行政部動産登録課(03-3389-3362)
      イ 債権譲渡登記又は質権設定登記
          → 東京法務局民事行政部債権登録課(03-5318-7639)
       
   5 登記申請書の作成・譲渡登記所への提出
      「申請人プログラム」で事前提供データ(ZIPファイル)を作成した際に,Webブラウザ上の印刷機能を利用して二次元コード記載用紙を印刷します。また,事前提供データを譲渡登記所に送信後,「申請用総合ソフト」の到達通知に表示されている二次元コード確認番号を確認の上,登記申請書及び二次元コード記載用紙並びにその添付書面を持参又は送付の方法により,譲渡登記所へ提出する必要があります。
      また,事前提供方式による登記申請書は,当該申請書に記載された二次元コード又は事前提供番号により特定される事前提供データが登記所に提供された日から起算して2週間以内(期間の最終日が土曜日,日曜日,祝日及び12月29日から1月3日までの年末年始といった行政機関の休日に当たるときは,その翌執務日が最終日となります。)に譲渡登記所に提出する必要があります。期限を過ぎますと,自動的に事前提供データが削除になりますので,御注意ください。
       
   6 登記申請受付後について
      登記の申請が受け付けられると,処理状況に応じて,「申請用総合ソフト」の処理状況表示画面から,次のお知らせを確認することができます。
      なお,登記申請の受付は,登記申請書が譲渡登記所に提出された時に行われます。
      ただし,郵送等の送付による登記申請の受付日は,登記申請書が譲渡登記所に到達した日の翌業務日となります。
    (1) 受付(関連付け)処理がされたときには,「到達・受付待ち」から「審査中」への処理状況の変更
    (2) 校合処理が完了したときには,手続終了及び登記番号のお知らせ

第3 よくある御質問等

      ・よくある御質問はこちらを御覧ください。
        → Q&A
      ・登記・供託オンライン申請システムに関する御質問や申請用総合ソフトの操作方法の御質問
        → システムの操作に関するお問い合わせ先
      ・登記の申請内容に関する御相談
        【動産譲渡登記】
          → 東京法務局民事行政部動産登録課
        【債権譲渡登記又は質権設定登記】
          → 東京法務局民事行政部債権登録課

第4 フロッピーディスク又はMOによる登記申請について

      フロッピーディスク又はMOによる登記申請は,平成26年6月2日(月)から受付をすることができなくなりましたので,御注意ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ