本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 内部部局 > 保護局 > 更生保護を支える人々 > 保護司ひとくちメモ

保護司ひとくちメモ

「更生保護」は人の立ち直りを支える活動です。


図:保護司
 「更生保護」は人の立ち直りを支える活動です。
 犯罪や非行をした人も,何らかの処分を受けた後は,地域社会に戻り,社会の一員として生きていくことになります。更生保護とは,国が民間の人々と連携して,犯罪や非行をした人を地域の中で適切に処遇することにより,その再犯を防ぎ立ち直りを助けるとともに,地域の犯罪・非行の予防を図る活動です。更生保護を実施する国の機関は法務省ですが,その地方機関として,地方更生保護委員会(高等裁判所の管轄区域ごとに全国8か所に置かれ,少年院や刑務所に収容されている人の仮釈放に関する決定を行う機関)及び保護観察所(各都道府県に置かれ,保護司をはじめとする地域の人々の協力を得て,保護観察や犯罪予防活動などを実施する機関)があります。

保護司は,民間のボランティアです。

 更生保護は,地域の中で行われるものであることから,犯罪や非行をした人を取り巻く 地域社会の事情をよく理解した上で行われなければ効果がありません。そこで,地域の事情に詳しい民間の方々のお力が是非とも必要となります。保護司は,保護司法に基づき,法務大臣から委嘱を受けた非常勤の国家公務員(実質的に民間のボランティア)です。保護観察官(更生保護に関する専門的な知識に基づいて,保護観察の実施などに当たる国家公務員)と協力して,主に次のような活動を行います。なお,保護司には給与は支給されませんが,活動内容に応じて,一定の実費弁償金が支給されます。

保護観察
 更生保護の中心となる活動で,犯罪や非行をした人に対して,更生を図るための約束ごと(遵守事項)を守るよう指導するとともに,生活上の助言や就労の援助などを行い,その立ち直りを助けるものです。

生活環境調整
 少年院や刑務所に収容されている人が,釈放後にスムーズに社会復帰を果たせるよう,釈放後の帰住先の調査,引受人との話合い,就職の確保などを行い必要な受入態勢を整えるものです。

犯罪予防活動
 犯罪や非行を未然に防ぐために,世論の啓発や地域社会の浄化に努めるものです。毎年7月は,「社会を明るくする運動」強調月間として,講演会,シンポジウム,非行防止教室,非行相談,街頭補導活動などの様々な活動が展開されます。

経験年数や適性に応じて研修もあります。

 保護司になると,まず初めに保護司としての基本的な知識を身につけるための研修を受けていただきます。その後も,経験年数や適性に応じて,各種の研修を受講していただきます。研修は,主に保護観察官を講師として行われ,その内容は,関係法令の学習,面接の方法や報告書の作成方法の習得,事例研究など多岐にわたります。

図:保護司研修

様々な職種の方が参加しています。

 保護司の方々の職種は,本当に様々です。農林水産業・製造業・販売業・サービス業・土木業・建築業,公務員,宗教家,主婦など幅広い分野の方々が,保護司として活躍しています。仕事を退職した後も,保護司をライフワークのひとつとして続ける方が大勢います。それぞれの分野におけるそれぞれの経験を,犯罪や非行をした人の理解,指導及び援助に役立てているのです。

図:様々な職種の方々からなる保護司

例えば,1か月の活動はこうなります。

 毎月,保護観察対象者が保護司の家を訪問(来訪)したり,保護司が対象者の家を訪問(往訪)したりします。そこで保護司は,対象者の最近の生活状況などについて話し合い,相談に応じて指導・助言を行います。 また,保護司は毎月1回,これらの内容を「報告書」にまとめ,保護観察所に提出します。保護観察中に何か問題などが起こったときには,保護観察官に連絡し,アドバイスを受けます。各地域には保護司会があり,定期的に会合を行います。保護司会の活動としては,毎年7月を強調月間として行われる「社会を明るくする運動」を中心とする,犯罪予防活動の実施などがあります。
ページトップへ