本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 内部部局 > 保護局 > 更生保護を支える人々

更生保護を支える人々

 保護観察や犯罪予防等の更生保護諸活動は,国の機関だけでは十分な効果を挙げることが困難であり,保護司などの更生保護ボランティアと呼ばれる様々な方々が,それぞれの特性をいかし更生保護諸活動に積極的に参加されています。

1 保護司
2 保護司組織(保護司会,保護司会連合会)
3 更生保護施設等
4 更生保護法人
5 更生保護女性会
6 BBS会
7 協力雇用主

保護司


図:保護司の活動風景
 保護司は,犯罪や非行をした人の立ち直りを地域で支える民間のボランティアです。保護司法に基づき,法務大臣から委嘱された非常勤の国家公務員とされていますが,給与は支給されません。 保護司は,民間人としての柔軟性と地域の実情に通じているという特性をいかし,保護観察官と協働して保護観察に当たるほか,犯罪や非行をした人が刑事施設や少年院から社会復帰を果たしたとき,スムーズに社会生活を営めるよう,釈放後の住居や就業先などの帰住環境の調整や相談を行っています。 このような保護司は,全国に約4万8,000人います。


保護司ひとくちメモ
数字で見る保護司制度【PDF】(別ウインドウで開きます。)

保護司組織(保護司会,保護司会連合会)

 保護司は,それぞれに配属された保護区において保護司会に加入し,研修,犯罪予防活動,関係機関との連絡調整,広報活動などの組織的な活動を行っています。
 また,各保護観察所及び地方更生保護委員会に対応して保護司会連合会及び地方保護司連盟があり,さらに,全国団体として更生保護法人全国保護司連盟が組織されています。

更生保護施設等

 更生保護施設や自立準備ホームは,矯正施設から釈放された人や保護観察中の人で,身寄りがないことや,現在住んでいるところでは更生が妨げられるおそれがあるなどの理由で,直ちに自立更生することが困難な人たちに対して,一定期間,宿泊場所や食事を提供する民間の施設です。宿泊場所や食事の提供を行うだけでなく,保護している期間,生活指導,職業補導などを行い,自立を援助することで,その再犯,再非行の防止に貢献しています。

更生保護施設
 ●更生保護施設
 更生保護施設は,現在,全国に103施設があり,全て民間の非営利団体によって運営されており,うち100施設は法務大臣の認可を受けて更生保護事業を営む更生保護法人によって運営されています。その他3施設は,社会福祉法人,NPO法人,一般社団法人によって運営されています。
 更生保護施設においては,その実情等に応じて,対人関係を円滑にするための「SST(Social Skills Training:社会生活技能訓練)」,飲酒や覚せい剤使用の問題を改善する教育プログラムなどを行い,処遇の充実に取り組んでいます。また,地域の住民の方々との交流も大切にしています。
 さらに,指定を受けた施設においては,高齢・障害等により,特に自立が困難な者を受け入れ,円滑な福祉支援等につなげる取組や,規制薬物等に対する依存からの回復に重点を置いた取組も実施しています。
 詳しくは次を御覧ください。
行き場のない刑務所出所者等の住居の確保~更生保護施設等の役割~
更生保護施設とは

●自立準備ホーム
 自立準備ホームは,あらかじめ保護観察所に登録されたNPO法人等がそれぞれの特長を生かして自立を促します。施設の形態はさまざまで,集団生活をするところもあれば,一般のアパートを利用する場合もありますが,いずれの場合も自立準備ホームの職員が,毎日,生活指導等を行います。
 詳しくは次を御覧ください。
行き場のない刑務所出所者等の住居の確保~更生保護施設等の役割~
緊急的住居確保・自立支援対策

更生保護法人

 更生保護法人は,更生保護事業法に基づき,法務大臣の認可を受けて,更生保護事業を営む民間団体です。更生保護法人は,更生保護施設を置いて,被保護者に対する宿泊所の提供,帰住のあっ旋,金品の給貸与,生活の相談等を行ったり,罪を犯した者の更生を助けることを目的とする事業に対する助成や連絡調整,これらの事業の啓発等を行っています。
更生保護法人関係税制について

更生保護女性会


図:更生保護女性会の活動風景
更生保護女性会バッジ

 更生保護女性会は,地域社会の犯罪・非行の未然防止のための啓発活動を行うとともに,青少年の健全な育成を助け,犯罪をした人や非行のある少年の改善更生に協力することを目的とするボランティア団体です。全国で約17万人おり,地域の公民館,学校等に地域住民の参集を求めて,その地域の実情に即した非行問題等を話し合うミニ集会のほか,親子ふれあい行事や子育て支援の活動などに取り組んでいます。
 会の趣旨に賛同する女性であれば,どなたでも参加できます。入会等に関するお問い合わせは,保護観察所まで。

BBS会


図:BBS会の活動風景
BBS会シンボルマーク
 BBS(Big Brothers and Sisters Movementの略)は,様々な問題を抱える少年と,兄や姉のような身近な存在として接しながら,少年が自分自身で問題を解決したり,健全に成長していくのを支援するとともに,犯罪や非行のない地域社会の実現を目指す青年ボランティア団体で,全国で約4,500人の会員が参加しています。
 近年では,児童福祉施設における学習支援活動や児童館における子どもとのふれあい行事等も実施しています。
 BBSの趣旨に賛同し,誠意と熱意のある方ならどなたでも参加できます。入会等に関するお問い合わせは,保護観察所まで。

協力雇用主


図:協力雇用主
 協力雇用主は,犯罪・非行の前歴のために定職に就くことが容易でない刑務所出所者等を,その事情を理解した上で雇用し,改善更生に協力する民間の事業主です。
 現在,全国で約14,000の協力雇用主が協力しています。
 犯罪や非行をした人の就労支援を一層推進していくためにも,保護観察所では協力雇用主を募集しています。
    
協力雇用主の募集についてはこちら→協力雇用主を募集しています。
刑務所出所者等に対する就労支援についてはこちら→更生保護における就労支援

(参考)
 協力雇用主パンフレット【PDF】(別ウインドウで開きます。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ