検索

検索

×閉じる

ビジネスと人権

 近年、セクハラやパワハラなどのハラスメント、不当な差別など,企業活動において発生する様々な「人権問題」が社会の注目を集めています。こうした「人権問題」への対応は、時として、企業の価値に大きく関わります。
 また、令和2年10月には、「ビジネスと人権」に関する行動計画(2020-2025)が策定されるなど、企業における人権擁護の必要性について、国際的な関心も高まっています。
 法務省の人権擁護機関では、ハラスメントや不当な差別等、企業が関わる人権問題について、人権相談(電話・面談・メール)を受け付けています。
 また、企業等が人権研修を実施するに当たり、法務局職員や人権擁護委員を講師として無料で派遣しております。
 
 企業における人権研修~企業の人権研修担当の方々へ~
 「ビジネスと人権」に関する行動計画について  
 「ビジネスと人権に関するシンポジウム」
 「ビジネスと人権」ポータルサイト
※外務省のホームページへリンクしています。

Myじんけん宣言

 「Myじんけん宣言」とは、企業、団体及び個人が、人権を尊重する行動をとることを宣言することによって、誰もが人権を尊重し合う社会の実現を目指す取組です。

 「Myじんけん宣言」特設サイトはこちら
※(公財)人権教育啓発推進センターのウェブサイトへリンクしています。
   
 「Myじんけん宣言」 投稿募集中!

愛知製鋼株式会社/株式会社日立製作所/株式会社滋賀銀行



日本特殊陶業株式会社/住友生命保険相互会社/株式会社リコー



株式会社東海理化/三菱自動車工業株式会社/リコージャパン株式会社