検索

検索

×閉じる
トップページ  >  法務省の概要  >  組織案内  >  施設等機関  >  全国の矯正管区・矯正施設・矯正研修所一覧 >  東京西法務少年支援センター(もくせいの杜心理相談室)

東京西法務少年支援センター(もくせいの杜心理相談室)


東京西法務少年支援センター
 東京西法務少年支援センターは,少年鑑別所法第131条に基づき,児童福祉機関,学校・教育機関などの青少年の健全育成に携わる関係機関・団体と連携を図りながら,地域における非行及び犯罪の防止に関する活動や健全育成に関する活動などに取り組んでいます。

 当センターは,平成31年4月に八王子市(旧八王子少年鑑別所)から昭島市に移転しました。移転後も,東京都内の市町村部(23区及び島しょ部以外)を担当し,地域の皆様や関係機関の皆様の御相談により積極的に応じていきたいと考えていますので,よろしくお願いいたします。

東京西法務少年支援センターの支援


法務少年支援センターのシンボルマーク

 当センターでは,地域の方々や関係機関の方々からの依頼に応じて,
 ○問題行動の分析や指導方法の助言
 ○子供や保護者に対する心理相談
 ○事例検討会等への参加
 などの支援を,心理学や教育学等の専門家が行っています。
 各種支援の詳しい説明については,パンフレットを御覧ください。
東京西法務少年支援センターパンフレット【PDF】
法務少年支援センター地域援助パンフレット(一般の方向け) 【PDF】
法務少年支援センター地域援助パンフレット(関係機関の方向け) 【PDF】





   
   *相談室玄関*      *個別検査場面(イメージ)*    *事例検討会の様子*        *心理相談室*

◆個別相談

 非行や犯罪,それに関連する問題行動がある方について,御本人や御家族の方、学校の先生,子ども・若者の支援等に当たっておられる方などからの相談に応じています。未成年に限らず,成人の方の相談もお受けします。

(御相談の例)
○家の金銭の持ち出しや盗みをしている
○よくない友達と交際し,なかなか家に帰ってこない
○友達や家族などに暴力を振るう
○性的な問題行動がある
 
相談専用電話番号 042-500-5295(電話による予約をお願いしています)
受付時間 平日の午前9時~同11時30分まで,午後1時~同4時30分まで

※新型コロナウイルス感染防止対策として,遮へい板の設置,定期的な換気,室内及び設備の消毒を実施しています。
 相談の際には,マスクの着用,手指消毒及び検温に御協力ください。

◆ 講演・研修会等

 関係機関や一般市民の方を対象に,非行や犯罪に関する研修・講演,法教育などの出前授業を行ったり,関係機関が主催する協議会に参加したりしています。

(例)
○学校の先生を対象に,問題行動の理解と適切な対応について職員研修を行う。
○一般市民の方を対象に,育てにくい子どもへの関わり方について講演を行う。
○中学校の生徒を対象に,法律やルールについて授業を行う。
○要保護児童対策地域協議会に出席し,非行・犯罪の専門家として助言をする。
 
講演等受付電話番号 042-500-5299
受付時間 平日午前9時~正午まで,午後1時~同5時まで

◆ 所在地案内


東京西法務少年支援センターの所在地案内

(1)住所  
 〒196-0035東京都昭島市もくせいの杜2-1-1

(2)電話番号  
 042-500-5271(代表)  
 042-500-5295(相談専用電話)  
 なお,講演等のお申し込みの場合は,042-500-5299にお電話ください。

(3)アクセス  
 JR青梅線「東中神」駅下車 徒歩20分程度
  駐車場あり。当センター利用者のみ駐車できます。

 東中神駅からの案内図はこちら

◆ 「もくせいの杜心理相談室」の活動

(1)令和3年度の活動の一部をご紹介します。

■ 中・高校生に対するネットリテラシー教育の実施 
 インターネット上でのトラブル等が増加傾向にある昨今,ソーシャルネットワーキングサービスの使用方法など,犯罪やトラブルに巻き込まれないための知識付与を中心に事例を交えて紹介しました。
    
     

                   *スライドの一例*


■ 小・中学校中堅教員に対する研修の実施
 近隣市の教育委員会主催で行われた研修会で,発達の気になる児童・生徒等に対する特徴,見立ての仕方,それに基づく対応や支援について,架空事例を踏まえながら検討しました。こうした研修を通して,児童・生徒の言動の背景にある様々な事柄について,相互に思いを巡らす場になればと考えています。


      
                       *研修会の様子*

■ 関係機関との合同研修会
 地域社会の実情,関係機関等のニーズ,当センターの期待や役割等を把握することにより,近隣の関係機関等との連携を強化するため,早稲田大学人間科学学術院准教授の桂川泰典先生を招へいし,研修会を開催しました。コロナ禍であり,感染予防を徹底するため,多数の関係機関を招くことはできませんでしたが,家庭環境の複雑さ,問題行動の長期化などを背景とするお子さんと親に対する理解と支援方法について学び,事例などを踏まえた各機関の役割等の意見交換を行いました。
  
     
                      *合同研修会の様子* 


(2)これまでの活動の一部をご紹介します。

■ 中学3年生に向けての職業講話と法教育の実施 
 公立中学校に在籍する3年生に対して,少年鑑別所で仕事をする法務技官(心理)と法務教官について事例を踏まえて紹介しました。また,少年司法手続き等の法教育も交えたり,少年院で実施しているマインドフルネス体験をしていただいたりしました。普段は意識していない呼吸に意識を向け,マインドフルネスを身近なものとして体験頂きました。

       
                  *中学校での職業講話の様子*


■ 公認心理師養成に係る大学院生への出前実習
 今年度もコロナ禍により,公認心理師の資格を持つ職員が施設実習指導者として,大学に出向く工夫をしています。施設で体験する実習に近い形で取り組みながら,架空事例に基づき,鑑別面接者役,少年役,観察人役の3役をそれぞれ体験したり,心理検査の解釈を加えたりして,司法・犯罪領域の心理職を体験していただくなど,次世代の公認心理師の養成の一躍を担っています。
  
         
                *大学院生への出前実習の様子*

 その他,新型コロナ感染予防・拡大に細心の注意を払いながら,近隣地域の心理職,福祉職,小・中学校教諭等に対して,架空事例等を交えた問題行動があるとされる本人の見立ての仕方と関わり方など,問題行動の理解と対応の基本などについて講演をしています。


〇講演・職員研修・出前授業