本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 政策・施策 > 国民の基本的な権利の実現 > 人権擁護局フロントページ > 平成30年度人権シンポジウム開催結果

平成30年度人権シンポジウム開催結果

平成30年11月10日に,高知市において,人権シンポジウムin高知「震災と人権」を開催しました。

 当日は,基調報告やパネルディスカッション,トークショーが行われ,参加者の皆さんには,被災者支援や避難所運営において大切なことを人権的観点から考えていただくことができました。

■基調報告・パネルディスカッション
 当日は,パネリストとして,宮崎大学医学部看護学科地域精神看護学講座精神看護学領域教授の原田奈穂子さん,特定非営利活動法人NPO高知市民会議理事の山﨑水紀夫さん,高知県南海トラフ地震対策課課長の浜田展和さんに御登壇いただき,基調講演に続いて,公益財団法人人権教育啓発推進センター理事長の横田洋三さんのコーディネートの下,パネルディスカッションを行いました。パネリストの方々からは,それぞれの御専門分野から,避難所生活ではどのような方々にどのような配慮が必要なのか,高齢者や障害のある人などを例に挙げて御経験に基づく具体的なお話をいただきました。
 
               基調報告の様子


■トークショー
 高知ファイティングドッグスの駒田徳広監督と藪本雅子さんのトークショーでは,駒田監督から,球団が行ってきた被災地支援についてや,ちょっとした心配りを大切にすることが差別やいじめをなくすことにつながるとのお話をいただきました。
 
               トークショーの様子


■その他
 避難所に関する資料,パネル等の展示



 
 
平成29年度における実施状況はこちらをご覧ください。

平成28年度における実施状況はこちらをご覧ください。
 
平成27年度における実施状況はこちらをご覧ください。


 
ページトップへ