本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 内部部局 > 保護局 > 更生保護の組織 > 保護観察官になるには

保護観察官になるには

 保護観察官は,犯罪をした人や非行のある少年に対して,通常の社会生活を送らせながら,その円滑な社会復帰のために指導・監督を行う「社会内処遇」の専門家です。また,犯罪や非行のない明るい社会を築くための「犯罪予防活動」を促進しています。
 保護観察官になるためには,国家公務員試験に合格し,法務省保護局又は更生保護官署(地方更生保護委員会又は保護観察所)に法務事務官として採用された後,一定の期間,更生保護行政を幅広く理解するための仕事を経験することが必要です。
 採用試験には,国家公務員採用総合職試験,法務省専門職員(人間科学)採用試験(保護観察区分)及び国家公務員採用一般職試験があります。採用事務は,国家公務員採用総合職試験は法務省保護局総務課において,法務省専門職員(人間科学)採用試験(保護観察官区分)及び国家公務員採用一般職試験は地方更生保護委員会事務局総務課において行っています。

図:保護観察官面接風景1          図:保護観察官面接風景2

トピックス

保護観察官ワンポイント

 保護観察官には,保護観察を中心とした更生保護の責任者として,刑事司法及び心理学・教育学・社会学・医学等に関する高度な専門的知識と,人や社会に関する高い識見が要求されます。
 近年,社会情勢の変動などにより,犯罪をした人や非行のある少年が抱える問題は多様化・複雑化する傾向にあり,保護観察官にはこれまで以上の高い専門性が求められています。また,社会復帰を円滑に進めるためには,民間ボランティアや関係諸機関との効果的な連携が重要であることから,保護観察官には地域社会におけるネットワークを形成し,それを維持・活用していく能力も求められています。
 このため,法務省保護局では,保護観察官になる前,そして保護観察官になった後も,処遇能力向上のための専門的な研修が継続的に実施されているほか,職場内における実務訓練(OJT)や他の刑事司法機関との派遣交流にも力を入れています。
 また,保護観察官は,失敗から立ち直ろうとする人の社会復帰を助ける一方,必要と認められれば,再犯を防止するために,保護観察を受けている人の身柄を拘束し,矯正施設に収容するための手続を行うこともあります。
 時には優しく,時には厳しくなれることも,保護観察官にとって大切なことです。

人事担当者から一言

 更生保護は,人と地域社会をつなぎ,地域社会の中で生きようとする人々を支える大切な営みです。
 様々な人との出会いから学び,向上していくことのできる方,人の可能性を信じることができる方,そして,心と心のふれあいを大切にできる方が,一人でも多く更生保護行政に参加してくれることを期待しています。
ページトップへ