本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 内部部局 > 保護局 > 更生保護における犯罪被害者等施策 > 更生保護における犯罪被害者等の方々のための制度 > 被害者等通知制度

被害者等通知制度

 更生保護における被害者等通知制度では,被害者等の方々からの御希望に応じて,仮釈放・仮退院審理に関する事項,保護観察中の処遇状況に関する事項等を通知しています。

加害者が刑事処分になった場合の通知

 加害者が懲役又は禁錮の実刑判決を受けた場合又は刑の保護観察付執行猶予の判決を受けた場合に更生保護官署が行う通知です。
 加害者には,成人のほか,家庭裁判所から検察庁に送致された少年を含みます。

通知の対象

(1)被害者の方
(2)被害者の方の親族又はこれに準ずる方
(3)(1)又は(2)の弁護士である代理人

通知事項

(1)地方更生保護委員会が通知する事項
・仮釈放審理の開始に関する事項(仮釈放の審理を開始した年月日,審理を行う地方更生保護委員会の名称等)
・仮釈放審理の結果に関する事項(仮釈放を許す旨の決定年月日等)
※仮釈放を許された加害者は,仮釈放の期間中,保護観察に付されますが,この保護観察中の処遇状況等の通知については,次の(2)を御覧ください。
(2)保護観察所の長が通知する事項
・保護観察の開始に関する事項(保護観察開始年月日及び保護観察終了予定年月日等)
・保護観察中の処遇状況に関する事項(おおむね6か月ごとに通知)
・保護観察の終了に関する事項(保護観察が終了した年月日等)

申出先

 通知希望の申出先は,加害者に対し有罪の言渡しをした裁判所に対応する検察庁です。

詳しくは

 最寄りの検察庁の被害者支援事務担当者にお尋ねいただくか,検察庁の被害者ホットラインにお問い合わせください。

加害者が保護処分になった場合の通知

 加害者が少年で,家庭裁判所における少年審判の結果,少年院送致処分又は保護観察処分を受けた場合に更生保護官署が行う通知です。

通知の対象

(1)被害者の方
(2)被害者の方の法定代理人
(3)被害者の方が亡くなった場合又はその心身に重大な故障がある場合におけるその配偶者,直系の親族又は兄弟姉妹
(4)(1)~(3)から委託を受けた弁護士

通知事項

(1)地方更生保護委員会が通知する事項
・仮退院審理の開始に関する事項(仮退院の審理を開始した年月日,審理を行う地方更生保護委員会の名称等)
・仮退院審理の結果に関する事項(仮退院を許す旨の決定年月日等)
※少年院から仮退院を許された加害者は,仮退院の期間中,保護観察に付されますが,この保護観察中の処遇状況等の通知については,次の(2)を御覧ください。
(2)保護観察所の長が通知する事項
・保護観察の開始に関する事項(保護観察開始年月日及び保護観察終了予定年月日等)
・保護観察中の処遇状況に関する事項(おおむね6か月ごとに通知)
・保護観察の終了に関する事項(保護観察が終了した年月日等)

申出先

 通知希望の申出先は,加害者の審判結果が保護観察処分の場合はお住まいの都道府県にある保護観察所,少年院送致処分の場合は最寄りの少年鑑別所です。

詳しくは

 お住まいの都道府県にある保護観察所か最寄りの少年鑑別所にお問い合わせください。

その他

 被害者等通知制度は,更生保護官署(地方更生保護委員会,保護観察所)だけではなく,検察庁や矯正施設が行っているものもあります。
 被害者等通知制度全般について,もっと詳しく知りたい方は,法務省ホームページ検察庁「被害者等通知制度」(加害者が刑事処分になった場合),「被害者等通知制度(少年審判後の通知)」(加害者が保護処分になった場合)を御覧ください。
ページトップへ