トップページ  >  白書・統計・資料  >  白書・統計  >  白書  >  犯罪白書  >  平成12年版犯罪白書のあらまし(目次) >  平成12年版犯罪白書のあらまし 〈第4編〉 各種の犯罪と犯罪者 

平成12年版犯罪白書のあらまし 〈第4編〉 各種の犯罪と犯罪者 

〈第4編〉 各種の犯罪と犯罪者
1 薬物犯罪

 覚せい剤事犯の検挙人員は,昭和40年代半ば以降急激に増加し,50年代後半から63年にかけては2万人を超える水準で推移した。その後は減少傾向を示していたものの,平成7年以降再び増加に転じ,10年は減少したが,11年は,再び増加して,1万8,491人(前年比8.2%増)となっている。

2 外国人犯罪

 平成11年における来日外国人による交通関係業過を除く刑法犯検挙人員は,前年比10.8%増の5,963人となっている。
 一方,平成11年における来日外国人による道交違反等交通関係を除く特別法犯の送致人員は,前年比7.0%減の7,473人となっている。

3 交通犯罪

 交通事故の発生件数及び負傷者数は,昭和53年以降増加傾向にあり,平成11年には,発生件数が85万363件(前年比5.8%増),負傷者数が105万397人(同6.0%増)と,いずれも前年に続いて,戦後最高を更新した。
 一方,交通事故による死亡者数は,平成5年以降減少傾向にあり,11年は,9,006人(前年比2.2%減)となっている。

4 精神障害者の犯罪

(1 ) 刑法犯検挙人員中の精神障害者
 平成11年における交通関係業過を除く刑法犯検挙人員のうち,精神障害者は636人,精神障害の疑いのある者は1,361人で,両者の刑法犯検挙人員に占める比率は0.6%となっている。また,罪名別検挙人員総数中に占める比率を見ると,放火が14.4%,殺人が9.4%と,特に高くなっている。

(2 ) 心神喪失者・心神耗弱者の刑事処分
 平成7年から11年までの5年間に,検察庁で不起訴処分に付された被疑者のうち,精神障害のため,心神喪失と認められた者及び心神耗弱と認められ起訴猶予処分に付された者並びに第一審裁判所で心神喪失を理由として無罪となった者及び心神耗弱を理由として刑を減軽された者は,合計3,629人である。罪名別では,殺人(726人,総数の20.0%)が最も多く,精神障害名別では,精神分裂病(2,134人,同58.8%)が最も多くなっている。

● 目次
 
○ 〈はじめに〉
○ 〈第1編〉犯罪の動向
○ 〈第2編〉犯罪者の処遇
○ 〈第3編〉少年非行の動向と非行少年の処遇
○ 〈第4編〉各種の犯罪と犯罪者
○ 〈第5編〉犯罪被害者とその国家的救済
○ 〈第6編〉経済犯罪の現状と対策
○ 〈第7編〉暴力団犯罪の動向と暴力団関係者の処遇