本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 政策・施策 > 国民の基本的な権利の実現 > 人権擁護局フロントページ > 令和元年度人権シンポジウム > 令和元年度人権シンポジウム開催結果

令和元年度人権シンポジウム開催結果

人権シンポジウムin札幌「震災と人権」を開催しました(令和元年9月29日)

 令和元年9月29日に,札幌市において,人権シンポジウムin札幌「震災と人権」を開催しました。
 当日は,基調報告やパネルディスカッション,ドキュメンタリー映画の上映及びトークショーが行われ,参加者の皆さんには,平成30年9月の北海道胆振東部地震や東日本大震災を振り返りつつ,被災者支援や避難所運営において大切なことを人権的観点から考えていただくことができたものと考えています。

基調報告・パネルディスカッション
 当日は,ウェザーハート災害福祉事務所代表の千川原公彦さん,特定非営利活動法人ニホンファーストエイドソサエティ代表理事の岡野谷純さん,宮城教育大学311いのちを守る教育研修機構統括プロデューサーの武田真一さんに御登壇いただき,基調報告に続いて,東洋大学社会学部社会福祉学科教授・特定非営利活動法人子ども福祉研究所理事長の森田明美さんのコーディネートの下,パネルディスカッションを行いました。
 パネリストの方々からは,それぞれの御専門分野から,避難所生活ではどのような方々にどのような配慮が必要なのか,女性や障害のある人などを例に挙げながら御経験に基づく具体的なお話をいただきました。

       

基調報告の様子


映画上映・トークショー
 映画上映では,東日本大震災の混乱の中,岩手県宮古市で自家発電により明かりを灯し続け,200名近くを受け入れる避難所としての役割も果たした後藤泌尿器科・皮膚科医院の院長である後藤康文さんを主人公としたドキュメンタリー映画「灯り続けた街の明かり」を上映し,それに引き続いて,後藤さんと,同映画を企画・発案した映画録音技師の瀬川徹夫さんによるトークショーを行いました。
 トークショーでは,命を守るために,歴史や経験から学んだことを風化させないといったお話や,人間同士の絆,思いやる気持ち,助け合いが大切とのお話をいただきました。

トークショーの様子



平成30年度における実施状況はこちらをご覧ください。
 
平成29年度における実施状況はこちらをご覧ください。
 
平成28年度における実施状況はこちらをご覧ください。
 

 
ページトップへ