本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 政策・施策 > 国民の基本的な権利の実現 > 人権擁護局フロントページ > 啓発活動 > 子どもの人権を守りましょう > 「いじめ」をなくすために

「いじめ」をなくすために


「いじめ」をゆるさないバナー
 法務省の人権擁護機関が調査・救済を行う人権侵犯事件において,学校におけるいじめ事案は3,000件を超える高水準で推移していることからも,「いじめ」が重大な社会問題であることがうかがえます。全ての子どもが,一人の人間として,生命や身体の安全を脅かされることなく,家族や友人とのふれあいを通じて自由に成長できるように,この問題に対する理解と関心を深めることが必要です。
 

「いじめ」とはなにか

〈「いじめ」の定義〉


「いじめ」イメージイラスト
 平成25年9月に施行された「いじめ防止対策推進法」(平成25年法律第71号)においては,「いじめ」を「児童等に対して,当該児童等が在籍する学校に在籍している等当該児童等と一定の人的関係にある他の児童等が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む。)であって,当該行為の対象となった児童等が心身の苦痛を感じているものをいう。」と定義しています。
 同法に基づき,同年10月に文部科学大臣が決定した「いじめの防止等のための基本的な方針」(平成29年3月改訂)では,同法にいう「一定の人的関係」とは,当該児童生徒と何らかの人的関係を指すとされ,また,個々の行為が「いじめ」に当たるか否かの判断は,表面的・形式的にすることなく,いじめられた児童生徒の立場に立って行う必要があるとされています。


 

〈「いじめ」の形態〉

 近年のいじめの形態として,身体への直接攻撃のように暴力によって肉体的な苦痛を与えるもの以外にも,仲間はずれ・無視(シカト)・相手が嫌がることをしたりさせたりするなどの心理的ダメージを与えるものがあります。また,インターネットの掲示板やサイトへの匿名性を利用した個人を攻撃する書き込みを行うようなネットいじめも存在します。


 

〈「いじめ」の特徴〉


いじめの構造イメージイラスト
 昨今では,動作が遅いとか性格がおとなしいといった子どもばかりではなく,あらゆる子どもが「いじめ」の対象となっています。また,「いじめ」の実態として,一人を複数がいじめる傾向にあることから,「いじめ」の首謀者が誰であるかハッキリしておらず,「いじめ」を行う側の子どもが罪の意識を感じていない例が多く存在します。更に,「いじめ」に実際に加担していなくとも,「いじめ」の行為を面白がって見ていたり,はやしたてたりする「観衆」や,それらを見て見ぬふりをしている「傍観者」という子どもの集団が存在しています。
 このため,「いじめ」をなくすためには,全ての子どもたちに対して「いじめ」が許されないことや,「いじめ」の防止の必要性について強力に働きかけていくことが必要となります。


 

「いじめ」をさせないためには

 「いじめ」を生み出す心理的な理由としては,「いじめ」を行う子どもの存在感や自尊感情に対する欲求不満の解消を求める心理があると思われます。そのため,「いじめ」をなくすためには,根本的には「いじめ」を行う子どもの存在感や自尊感情を満足させるように,彼らとのコミュニケーションを深め,彼らの悩みを解消していくことが必要となります。また,「いじめ」の「観衆」や「傍観者」を含む全ての子どもたちの中に,他人に対する思いやりや弱者に対するいたわりといった,互いの人権を尊重し合う豊かな心を育てることが大切です。


 

「いじめ」を見逃さないためには


「いじめ」を見逃さないイメージイラスト
 IT社会の進展により,子どもたちが自分用のパソコン・携帯電話・スマートフォンを持つことが多くなり,その結果として,保護者が子どもたちの話を聞く機会が少なくなり,保護者が子どもの心身の微妙な変化に気付くことが極めて困難になっています。
 そのため,普段から子どもと学校での出来事などを話し合う時間を作るよう心がけ,「いじめ」などの早期発見に意欲的に努めることが大切になっています。また,保護者だけでなく,周囲の大人たちも子どもたちのサインを見逃さないように心がけることが必要です。 

各種資料・リンク先

ページトップへ