本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 地方支分部局 > 保護観察所 > 横浜保護観察所のホームページ

横浜保護観察所のホームページ

最終更新:平成27年8月

横浜保護観察所(横浜第一港湾合同庁舎3・4階)の外観

協力雇用主募集



業務概要

 横浜保護観察所は横浜市に置かれ,神奈川県(横浜地方裁判所管内)を管轄して,次のような業務に当たっています。
(1) 保護観察
(2) 生活環境の調整
(3) 更生緊急保護
(4) 恩赦の上申
(5) 犯罪予防活動
(6) 医療観察

 横浜保護観察所は神奈川県内の保護司1,803人,更生保護女性会員5,773人,BBS会員127人及び協力雇用主249人の方々並びに更生保護施設4施設と共に更生保護の諸活動を展開しています(数値は,平成26年4月1日現在)。
 次も参考にしてください。
更生保護を支える人々
更生保護ネットワーク(別ウインドウで開きます。)
※上記リンク先ウェブサイトは更生保護法人日本更生保護協会が運営しています。ウェブサイトのアドレスについては,平成26年8月時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては,廃止や変更されることがありますので,御了承願います。

犯罪被害者等施策

 平成19年12月1日から,更生保護における犯罪被害者等施策がスタートし,各保護観察所には被害者専任の担当者が配置され,問い合わせや御相談に応じています。
 詳細については,更生保護における犯罪被害者等施策を御覧ください。
 犯罪被害者等の方々のための相談専用電話番号は,045-201-1848です。

横浜保護観察所のトピックス

“社会を明るくする運動”専用ページはこちら→社会を明るくする運動専用ページ

※バナーをクリックすると日本更生保護協会が運営するウェブサイトにつながります。
※バナーのリンク先ウェブサイトのアドレスは,平成26年6月18日現在のものです。
 ウェブサイトのアドレスについては,廃止や変更されることがありますので,御了承願います。

1 黒岩祐治知事へ,法務大臣メッセージ伝達
法務大臣メッセージ伝達の様子の写真
「法務省大臣メッセージ伝達の様子」

 第64回“社会を明るくする運動”の実施に当たり,神奈川県推進委員会では,平成26年6月4日(水),黒岩祐治神奈川県知事を訪問し,谷垣禎一法務大臣のメッセージを伝達させていただきました。


2 “社会を明るくする運動”の一環として,以下の行事をはじめとする様々な行事を行っています。

像の鼻パークでの街頭活動の写真 ○象の鼻パークでの街頭啓発キャンペーン
 平成25年7月27日(土)“社会を明るくする運動”の行事として,横浜市中区の自治体の方など約350名が参加し,横浜港大桟橋付近の「象の鼻パーク」において,キャンペーンが行われました。横浜市立港中学校及びみなと総合高等学校吹奏楽部による演奏や,横浜女学院高等学校チアリーディング部によるパフォーマンスが行われ,観光客たちが足を止めて大きな拍手をおくっていました。
 保護司会,更生保護女性会及び自治体の方が広報,資料を配布し,本運動に対する理解を求め,盛況のうちにキャンペーンを終えました。





いきいきフットサル教室の写真○秦野市いきいき少年少女スポーツ教室
 秦野市では,“社会を明るくする運動”の行事として,平成15年度からスポーツ教室を開催しています。平成25年7月7日(土),秦野市総合体育館において,いきいきフットサル教室が開催され,平塚湘南ベルマーレ・フットサルクラブの現役選手を講師としてお招きし,秦野市内の小学生等約60名が集まり,選手相手に試合をするなどして,子どもたちの輝く笑顔が見られる1日となりました。





少年サッカー教室の写真○川崎フロンターレによる少年サッカー教室
 平成25年7月25日(木),麻生グラウンドにおいて,Jリーグ「川崎フロンターレ」の協力により,「フロンターレと築く明るい麻生区少年サッカー教室」が開催されました。区内の小学生47名が参加し,川崎フロンターレのコーチ6名によるサッカー教室が行われ,子どもたちのたくさんの笑顔があふれる1日となりました。







日産スタジアムでの広報活動の写真○横浜F・マリノス試合会場(日産スタジアム)での広報活動
 平成25年7月13日(土)日産スタジアムイベント広場において,Jリーグ「横浜F・マリノス」の協力により,広報活動が行われ,特設テントにおいて更生保護を紹介するパネルを掲示したり,クイズを実施したりしました。また,試合のハーフタイムにおいて,横断幕やのぼり旗を持ち,場内を一周しながら広報活動を行いました。







平塚競技場での広報活動○湘南ベルマーレ試合会場(平塚競技場)での広報活動
 平成25年7月17日(水),平塚競技場において,Jリーグ「湘南ベルマーレ」の協力により,社明推進委員会,保護司,更生保護女性会員,BBS会員のほか,地元中学校サッカー部員等多くの参加を得て,広報資材の配布を行いました。また,試合のハーフタイムでは,横断幕とのぼり旗を持ちながら場内を一周する広報活動を行いました。







3 「車座トークin Yokohama」の開催について
 平成25年10月12日(土),谷垣法務大臣が横浜市緑区にある山下地域交流センターを訪れ「車座トークin Yokohama」が開催されました。今回は,大臣を始め,保護司,学校関係者,中学生等10人が参加し,「地域における更生保護~学校と連携した非行防止の取組」をテーマに意見交換がなされました。参加者からは「非行防止のためには,子どもを温かく見守って,受け入れることのできる風土をつくることが大切である。」等,率直な意見が出されていました。


4 “社会を明るくする運動”作文コンテスト
社会を明るくする運動の作文コンテスト表彰式の写真
「作文コンテスト表彰式」

 第63回“社会を明るくする運動”作文コンテストでは,神奈川県から合計11,179点の応募があり,“社会を明るくする運動”中央推進委員会において,横浜市の中学生の作品が全日本中学校長会会長賞を受賞しました。→作品はこちら


5 神奈川県内の更生保護サポートセンター
 更生保護サポートセンターは,罪を犯した人や非行のある少年の立ち直りの支援や犯罪・非行防止活動等,地域における更生保護活動の拠点として,法務省が保護司会及び自治体との協力・連携の下で設置を進めています。現在,神奈川県内では厚木,横須賀,小田原の3地区に設置されています。


6 第64回神奈川県更生保護大会
第64回神奈川県更生保護大会<BR>の写真
「第64回神奈川県更生保護大会」

 平成25年12月12日(木),相模女子大学グリーンホール内大ホールにおいて,第64回神奈川県更生保護大会が開催されました。平成24年度から県下5ブロックに分かれ,それぞれの地域の特色を生かして標記大会が開催されることとなりました。一昨年の川崎市での開催と同様に,昨年は相模原市,大和市,綾瀬市,座間市,海老名市の御協力を得て,盛大に開催されました。吉川伸治県副知事をはじめ,加山俊夫相模原市長,大木哲大和市長,笠間城治郎綾瀬市長など多くの御来賓の御臨席を賜り,約1,400名の受彰者,参列者を得て行われました。

法務省専門職員(人間科学)採用試験保護観察官区分及び国家公務員採用一般職試験受験者の方へ

・保護観察所職員の採用は,関東地方更生保護委員会で行っています。
・更生保護官署に採用されると,法務事務官として一定期間勤務した後,保護観察官として犯罪をした人や非行のある少年の社会内処遇等の事務に従事します。業務内容等については,次を参考にしてください。

所在地案内


横浜保護観察所へのアクセス
〒231-0001
横浜市中区新港1-6-2
横浜第一港湾合同庁舎

3階
(処遇部門)
TEL:045-201-1842
(処遇部門・更生保護施設担当)
TEL:045-201-9834
(社会復帰調整官室)
TEL:045-662-6653
4階
(企画調整課(庶務・会計))
TEL:045-201-3006
(企画調整課(振興))
TEL:045-201-1844
(被害者専用)
TEL:045-201-1848

FAX:045-640-1647

(1)横浜高速鉄道みなとみらい線
 日本大通り駅(出口1)から徒歩約10分
(2)横浜高速鉄道みなとみらい線
 馬車道駅(出口6)から徒歩約10分
(3)JR根岸線
 関内駅南口(スタジアム側)から徒歩約20分(約1.5キロ)

小田原駐在官事務所


小田原駐在官事務所へのアクセス
〒250-0012
神奈川県小田原市本町1-7-1
小田原法務合同庁舎
TEL:0465-22-8590
ページトップへ