検索

検索

×閉じる

ハンセン病問題に関するシンポジウム


ハンセン病問題に関するシンポジウム
 ハンセン病に関する偏見・差別の解消と正しい知識の普及啓発を目的として,平成17年度からシンポジウムを開催しています。
ハンセン病問題について,詳しくはこちらをご覧ください。)

開催予定

「ハンセン病問題に関する親と子のシンポジウム」をオンラインで開催します!


 ハンセン病患者・元患者やその家族に対する偏見差別は,今なお社会に根深く残っています。
 この偏見差別を解消するためには,ハンセン病問題に関する正しい知識と,ハンセン病患者・元患者やその家族の方がおかれている現実を理解し,それを次世代へも継承していくことが必要です。
 ハンセン病問題に関わってこられた方の声を聴き,親子で考えていくためのシンポジウムを開催します。

日時
令和3年11月13日(土)午後1時30分から午後4時まで(予定)
 
形式
オンライン配信
視聴はこちら
※公益財団法人人権教育啓発推進センターのウェブサイトにリンクします。

プログラム※敬称略
■ビデオ上映
 「ハンセン病問題を知る~元患者と家族の思い~」 ※一部抜粋上映
■基調講演(1)
 吉幸かおる(群馬・ハンセン病問題の真の解決をめざし、ともに生きる会副会長)
■基調講演(2)
 黒尾 和久(重監房資料館部長)
■パネルディスカッション
 ◎パネリスト
  群馬県の中学生,大学生(中之条町立六合中学校,群馬大学)
 ◎コメンテーター
  吉幸かおる
  黒尾 和久
 ◎コーディネーター
  藪本 雅子(フリーアナウンサー)
■トークショー
 ◎ゲスト
  石井 正則(俳優・写真集「13(サーティーン)ハンセン病療養所からの言葉」著者)
 ◎聞き手
  藪本 雅子
 
主催
法務省/厚生労働省/文部科学省/全国人権擁護委員連合会/前橋地方法務局/群馬県人権擁護委員連合会/公益財団法人人権教育啓発推進センター
 
後援
中小企業庁/全国ハンセン病療養所入所者協議会/ハンセン病違憲国家賠償訴訟全国原告団協議会/ハンセン病家族訴訟原告団/群馬県/草津町/中之条町/群馬県教育委員会/高崎市教育委員会/群馬県市長会/群馬県町村会/上毛新聞社/読売新聞社/朝日新聞社/毎日新聞社/日本経済新聞社/日本財団(順不同)

視聴方法

参加費は無料で,どなたでも参加していただけます。
こちらのウェブサイト(公益財団法人人権教育啓発推進センターのウェブサイトにリンクします。)から御視聴ください。

お問合せ先

〒105-0012 東京都港区芝大門2-10-12 KDX芝大門ビル4F
公益財団法人人権教育啓発推進センター
「ハンセン病問題に関する親と子のシンポジウム」事務局
【TEL】03-5777-1802
【FAX】03-5777-1803
【Eメール】hansen@jinken.or.jp
【URL】http://www.jinken.or.jp(公益財団法人人権教育啓発推進センターのウェブサイトにリンクします。)

過去の開催結果