本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 政策・施策 > 国民の基本的な権利の実現 > 人権擁護局フロントページ > ハンセン病に関するシンポジウム

ハンセン病に関するシンポジウム

 ハンセン病をめぐる偏見・差別の解消及びハンセン病に対する正しい知識の普及啓発を目的として、平成17年度からハンセン病に関するシンポジウムを開催しています。
ハンセン病問題について,詳しくはこちらをご覧ください。)

開催予定

「ハンセン病に関する親と子のシンポジウム~ハンセン病に関する患者・元患者・その家族がおかれていた境遇を踏まえた人権啓発活動~」(静岡会場)を開催します!


 ハンセン病への誤った知識や偏見等により,差別が行われるようなことがあってはなりません。
 ハンセン病をめぐる偏見・差別の解消を目指し,ハンセン病を正しく理解していただくため,シンポジウムを開催します。
 皆様の御来場をお待ちしています。お申込みはこちらをご覧ください。


シンポジウムチラシ日時
令和元年8月31日(土)13:30~17:30(開場12:30)

会場
静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」11F・会議ホール・風
(静岡市駿河区東静岡2-3-1)

プログラム(手話通訳・パソコン要約筆記あり)
■基調講演
 小鹿 美佐雄さん(国立駿河療養所 駿河会 会長)
■パネルディスカッション
◎パネリスト(各1名)
 静岡雙葉中学校
 静岡県立沼津商業高校
 静岡大学
◎コメンテーター
 石井 則久さん(国立駿河療養所 所長,国立療養所多磨全生園 園長)
 小鹿 美佐雄さん(国立駿河療養所 駿河会 会長)
 藪本 雅子さん(フリーアナウンサー/元日本テレビアナウンサー・記者)
◎コーディネーター
 田南 立也さん(公益財団法人人権教育啓発推進センター 専務理事)
■映画「あん」上演
 第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門オープニング作品
 (出演:樹木希林,永瀬正敏ほか 監督・脚本:河瀬直美 原作:ドリアン助川「あん」)
■トークショー
 永瀬 正敏さん(俳優)
 藪本 雅子さん(フリーアナウンサー/元日本テレビアナウンサー・記者)

抽選で3名の方に,永瀬正敏さんのサイン入り色紙をプレゼントします!

申込方法

参加費は無料で,どなたでも参加していただけます。
事前申込制となりますので,こちら(申込フォーム(公益財団法人人権教育啓発推進センターHP)にリンクします))に必要事項を入力の上,お申込みください。
申込受付後,入場券をFAX又はEメール等でお送りします。
【事前申込締切日時 令和元年8月30日(金)16:00】
※空席がある場合には,当日の参加も可能です。

お問合せ先
〒105-0012 東京都港区芝大門2-10-12 KDX芝大門ビル4F
公益財団法人人権教育啓発推進センター「ハンセン病に関する親と子のシンポジウム」事務局
【TEL】03-5777-1802
【FAX】03-5777-1803
【Eメール】】hansen2019@jinken.or.jp
【URL】http://www.jinken.or.jp(公益財団法人人権教育啓発推進センターのHPにリンクします)

主催
法務省/厚生労働省/全国人権擁護委員連合会/静岡地方法務局/静岡県人権擁護委員連合会/公益財団法人人権教育啓発推進センター

後援
文部科学省/中小企業庁/日本財団/静岡県/静岡県教育委員会/静岡市/静岡市教育委員会/沼津市/沼津市教育委員会/御殿場市/御殿場市教育委員会/裾野市/裾野市教育委員会/国立駿河療養所/静岡県市長会/静岡県町村会/静岡県PTA連絡協議会/静岡新聞社・静岡放送/朝日新聞静岡総局/読売新聞静岡支局/毎日新聞静岡支局/産経新聞社静岡支局/共同通信社静岡支局/時事通信社静岡総局/NHK静岡放送局/テレビ静岡/静岡朝日テレビ/静岡第一テレビ/K-mix/76.9FM-Hi!/マリンパル76.3/COAST-FM/すろーかる/静岡時代(順不同/予定)

 

過去の結果

ページトップへ