検索

検索

×閉じる
トップページ  >  法務省の概要  >  組織案内  >  内部部局  >  民事局  >  相続土地国庫帰属制度の概要

相続土地国庫帰属制度の概要


 

<目次>
1 制度のポイント
2 申請ができる人
3 申請先
4 帰属の承認ができない土地
5 手数料
6 負担金
7 手続のフロー
8 ポスター・パンフレット
9 よくある質問

 

 

 

 

1 制度のポイント

相続土地国庫帰属制度のポイントは、以下のとおりです。

(1) 相続等によって、土地の所有権又は共有持分を取得した者等は、法務大臣に対して、
    その土地の所有権を国庫に帰属させることについて、承認を申請することができます。
(2) 法務大臣は、承認の審査をするために必要と判断したときは、その職員に調査をさせることができます。
(3) 法務大臣は、承認申請された土地が、通常の管理や処分をするよりも多くの費用や労力がかかる土地として
         法令に規定されたものに当たらないと判断したときは、土地の所有権の国庫への帰属について承認をします
    
「4 帰属の承認ができない土地」参照)。
(4) 土地の所有権の国庫への帰属の承認を受けた方が、一定の負担金を国に納付した時点で、
    土地の所有権が国庫に帰属します。




制度の概要(簡略版)はこちら(PDFファイル)




制度の概要(詳細版)はこちら(PDFファイル)

 

 

 

2 申請ができる人


○相続又は相続人に対する遺贈によって土地を取得した人が申請可能です

  
  相続等以外の原因(売買など)により自ら土地を取得した方や、相続等により土地を取得することができない法人は、基本的に本制度を利用することはできません。

   



○共有者も申請ができます

 
  相続等により、土地の共有持分を取得した共有者は、共有者の全員が共同して申請を行うことによって、本制度を活用することができます。
  土地の共有持分を相続等以外の原因により取得した共有者(例:売買により共有持分を取得した共有者)がいる場合であっても、相続等により共有持分を取得した共有者がいるときは、共有者の全員が共同して申請を行うことによって、本制度を活用することができます。

    


○施行前に相続した土地も対象です


  本制度開始前に相続等によって取得した土地についても、本制度の対象となります。
  例えば、数十年前に相続した土地についても、本制度の対象となります。


  
 

 

3 申請先


 申請先は、帰属させる土地を管轄する法務局・地方法務局を予定しています。

  


 

 

4 帰属の承認ができない土地

 
  帰属の承認ができない土地の要件については、相続等により取得した土地所有権の国庫への帰属に関する法律(令和3年法律第25号。以下「法」といいます。)において定められており、更に詳細の要件を政令で定める予定です。
  法律の要件の概要は以下のとおりです。


(1) 申請をすることができないケース(却下事由)(法第2条第3項)

 A 建物がある土地
 B 担保権や使用収益権が設定されている土地
 C 他人の利用が予定されている土地
 D 土壌汚染されている土地
 E 境界が明らかでない土地・所有権の存否や範囲について争いがある土地

 

(2) 承認を受けることができないケース(不承認事由)(法第5条第1項)

 A 一定の勾配・高さの崖があって、管理に過分な費用・労力がかかる土地
 B 土地の管理・処分を阻害する有体物が地上にある土地
 C 土地の管理・処分のために、除去しなければいけない有体物が地下にある土地
 D 隣接する土地の所有者等との争訟によらなければ管理・処分ができない土地
 E その他、通常の管理・処分に当たって過分な費用・労力がかかる土地


 
 更に詳細の要件について定めた政令案については、現在パブリックコメントにより、広く意見を募集中です。
 パブリックコメントのリンクはこちら

 

 
 

 

5 審査手数料


審査手数料の具体的な金額は、現在検討中です。

 

 

 

6 負担金


負担金の算定について定めた政令案については、現在パブリックコメントにより、広く意見を募集中です。
パブリックコメントのリンクはこちら

 

 

 

7 手続のフロー




 

 

8 ポスター・パンフレット


有者不明土地の解消に関するポスター・パンフレットを作成しています。ぜひご利用ください。

 

ポスター1 [PDF:3470KB]
 
ポスター2 [PDF:491KB]
 

ポスター3 [PDF:3470KB]
 
パンフレット [PDF:491KB]
 
 

 

9 よくある質問


よくある質問についてQ&Aのページを作成しています。



【関連リンク】
所有者不明土地の解消に向けた民事基本法制の見直し(民法・不動産登記法等一部改正法・相続土地国庫帰属法)
あなたと家族をつなぐ相続登記 ~相続登記・遺産分割を進めましょう~
各法務局のホームページ

この記事に関する問い合わせ先

民事局民事第二課
03-3580-4111(内線5674)