報道発表資料

令和3年8月10日
出入国在留管理庁

名古屋出入国在留管理局被収容者死亡事案に関する調査報告について

 令和3年3月6日,名古屋出入国在留管理局の収容施設に収容されていた被収容者(30歳代女性,スリランカ国籍)が,死亡する事案が発生しました。
 出入国在留管理庁は,本件事案の発生を重く受け止め,出入国管理部長を責任者とする調査チームを発足させ,法曹関係者や医療関係者等の外部有識者の協力を得ながら調査を行い,調査結果を報告書に取りまとめました。

pdf書類をご覧になる場合は、Adobe Reader別ウィンドウで開くが必要です。
正しく表示されない場合は、最新バージョンをご利用ください。

ページトップ