本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > 政策・施策 > 刑事政策 > 第66回“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ~

第66回“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ~


第66回“社会を明るくする運動”広報用ポスター
 
社会を明るくする運動「おかえり」サイトはこちらです
(日本更生保護協会のページが表示されます)

 

■“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ~って? 
 “社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ~はすべての国民が,犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め,それぞれの立場において力を合わせ,犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動で,今年で66回目を迎えます。

■地域のチカラが犯罪や非行を防ぐ
 テレビや新聞では,毎日のように事件(犯罪)のニュースが報道されています。安全で安心な暮らしはすべての人の望みです。犯罪や非行をなくすためには,どうすればよいのでしょうか。取締りを強化して,罪を犯した人を処罰することも必要なことです。しかし,立ち直ろうと決意した人を社会で受け入れていくことや,犯罪や非行をする人を生み出さない家庭や地域づくりをすることもまた,とても大切なことなのです。
 立ち直りを支える家庭や地域をつくる。そのためには,一部の人たちだけでなく,地域のすべての人たちがそれぞれの立場で関わっていく必要があります。“社会を明るくする運動”では,犯罪や非行のない地域をつくるために,一人ひとりが考え,参加するきっかけをつくることを目指しています。

■みんなで考え,参加してください
 “社会を明るくする運動”では,街頭広報,ポスターの掲出,新聞やテレビ等の広報活動に加えて,だれでも参加できるさまざまな催しを行っています。イベントに参加したり,このホームページを見たことなどをきっかけにして,犯罪や非行のない安全で安心な暮らしをかなえるために,今,何が求められているのか,そして,自分には何ができるのかを,みなさんで考えてみませんか。

○ “社会を明るくする運動”の始まり


「銀座フェアー」についての記事
1  銀座フェアー
 昭和24年7月1日,更生保護制度の新しいスタートである「犯罪者予防更生法」が施行されました。戦後の荒廃した中にあって,かねてから街にあふれた子供たちの将来を危惧していた東京・銀座の商店街の有志が,この法律の思想に共鳴し,同年7月13日から1週間にわたって,自発的に「犯罪者予防更生法実施記念フェアー(銀座フェアー)」を開催しました。

2  矯正保護キャンペーン
 この銀座フェアーが刺激となり,また犯罪者予防更生法施行1周年を記念して,その翌年の昭和25年7月1日から10日まで,「矯正保護キャンペーン」が全国的に実施されました。このキャンペーン期間中,前年の銀座フェアーに示された一般市民の熱意と善意を高く評価して,映画会,記念スタンプやリーフレットの配布,街頭宣伝活動などの啓発活動が全国的に実施されました。街にあふれる戦災孤児,犯罪や非行の激増による社会不安の増大,インフレや物資不足により生活に余裕のない人々の,不幸な少年に対する思いやりや愛の心を呼び戻し,殺伐とした世相に明るい光をともしたとも言われています。

“社会を明るくする運動”の展開
3  “社会を明るくする運動”の誕生  
 昭和26年7月,「銀座フェアー」と「矯正保護キャンペーン」を通じて,犯罪の防止と犯罪をした人たちの立ち直りには,一般市民の理解と協力が不可欠であるという認識を深めた法務府(現在の法務省)は,この啓発活動を将来とも継続して一層発展させる必要があるとして,“社会を明るくする運動”と名付け,国民運動として世に広げることにしました。 

4  “社会を明るくする運動”の新たな運動名称  
 第60回(平成22年)の運動において,公募と有識者による選考委員会を経て,新名称「“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ~」が定められました。運動の趣旨を分かりやすくしたこの新名称のもと,今後,さらに地域に根ざした国民運動として一層の推進を図ってまいります。  

5 幸福(しあわせ)の黄色い羽根について
 「幸福(しあわせ)の黄色い羽根」を本運動への賛同のしるしとして,第61回運動から正式な広報資材として活用されています。この「幸福(しあわせ)の黄色い羽根」は,長崎地区保護司会が考案し,第58回の運動から取組を始めたもので,運動のシンボルマークであるヒマワリと,刑期を終え出所した男性をあたたかく迎える夫婦愛を描いた映画「幸福の黄色いハンカチ(昭和52年,山田洋次監督)」にヒントを得て作られたものです。
 保護司をはじめとして地域の安全・安心に向けた取組に御理解と御協力をいただいた多くの方々に広く着用いただいています。

6 “社会を明るくする運動”フラッグアーティスト谷村新司さん
 現在,“社会を明るくする運動”では谷村新司さんにフラッグアーティスト(運動の旗振り役)として御協力いただいております。

○活動主体としての更生保護ボランティア

 「更生保護」は,社会の中での立ち直りを導き,助け,再び犯罪や非行に陥るのを防ぐ仕組みです。その活動には,保護司や協力雇用主をはじめ,たくさんの人たちが関わっています。
 信じてくれる人がいること。必要とされる場所があること。それは,更生への大きな支えとなります。
 更生保護は,社会に暮らす人たちが広く関わることで達成される取組なのです。

○“社会を明るくする運動”の様々な取組

この記事に関する問い合わせ先

法務省 保護局更生保護振興課 地域活動推進係(03-3580-4111)
ページトップへ