本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 内部部局 > 大臣官房 > 大臣官房国際課 (International Affairs Division, Minister's Secretariat)

大臣官房国際課 (International Affairs Division, Minister's Secretariat)

 大臣官房国際課は平成30年4月1日に新たに設置されました。法務省の国際関係事務についての基本的な政策の企画立案・総合調整,国際会議の開催,外国政府職員等による表敬対応等の事務を行っています。
 国際課では日々,法務省の国際関係事務に関し,関係府省や国際機関,大使館,関係団体から様々な照会を受け付けています。
 また,法務省が行う国際的な施策のうち,省内横断的な戦略に基づき実施する必要があるものについて,総合的なプラニングを行っています。

       The International Affairs Division of the Minister’s Secretariat was established on April 1, 2018. Its main focus is to develop and coordinate basic policies concerning international affairs in the justice field, to host international conferences related to the work of the Ministry of Justice (MOJ), and to arrange visits of foreign officials, including courtesy calls on the Minister of Justice.
       The International Affairs Division receives inquiries on a daily basis from counterpart ministries and agencies abroad, international organizations, foreign embassies and other organizations in relation to the international work of the MOJ.
       The International Affairs Division also engages in holistic planning of international policies that require cross-sectional strategies within the MOJ for implementation.

トピックス

基本的な政策の企画立案・総合調整

国際会議の開催等

第14回国際連合犯罪防止刑事司法会議(京都コングレス)
 
 法務省は,2020年4月に京都で開催される第14回国際連合犯罪防止刑事司法会議(京都コングレス)に,関係省庁及び国連等の関係機関と連携して準備しています。


国際知財司法シンポジウム
 
 法務省は,最高裁判所,知的財産高等裁判所,特許庁,日本弁護士連合会及び弁護士知財ネットと共同で国際知的財産シンポジウム(J-SIP)を開催しています。


その他法務省が関わった国際会議

 アジア矯正建築実務者会議(ACCFA)
 アジア太平洋矯正局長等会議(APPCA)(外部サイト)
 第3回世界保護観察会議


 

スポットライトー国際機関で活躍する法務省職員

 この企画のページは現在,鋭意作成中です。

関連リンク

 国際化が進展し,人・物の交流が盛んになっている今,日本の法令等を海外の利用者に知っていただくとともに,海外の法令等を日本の利用者の皆様に知っていただくことが,法の支配を貫徹し,国際分野のあらゆる活動に法の支配を浸透させる上で必要になります。
 この観点から有用なウェブサイトや法務省ウェブサイト内のページを御紹介します。

日本法令外国語訳データベース(外部サイト)

法務総合研究所国際協力部の法制度整備支援活動
  ベトナム   カンボジア   ラオス   インドネシア
  ウズベキスタン(中央アジアのページ内)  中国  東ティモール  中央アジア
  ネパール  ミャンマー

法務省大臣官房司法法制部による調査研究
  法務資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2014年10月時点のものです。

ページトップへ